Doctors Me(ドクターズミー)- あなたは大丈夫? 口臭を予防する最も効果的な方法は?

写真拡大

口臭の原因のおよそ80%以上が、口の中にあるといわれています。
口の中に生息する細菌のなかでも特に嫌気性菌と呼ばれるものは、食物を分解する過程などで、主に揮発性硫黄化合物のガスを発生します。これが口臭の素になるワケですね。

今回は、誰もが気になる口臭の原因と対処法についてお話ししましょう。

口の中を乾燥させないことが大切!

唾液の量が減ると、口臭の原因菌が増殖するだけでなく、むし歯や歯周病の原因にもなります。まずは口の中を乾燥させないためにできる、3つの方法をご紹介します。

1. ガムを噛む
ガムを噛むと自然に唾液の分泌が促されるため、口臭予防になります。キシリトール配合のガムは、むし歯予防効果も期待できますよ。

2. しっかり水分を補給する
適度な水分補給によって口腔の乾燥を防ぎ、口臭の原因菌が減少、または唾液の分泌をスムーズにします。お茶やウーロン茶は食後の口臭は緩和しますが、飲みすぎると唾液の分泌を抑制しかねません。また、空腹時にお茶やコーヒーを飲むと口臭を強くするので注意しましょう。

3. 正しい食生活を送る
大切なのは、規則正しくバランスのとれた食事をすることです。また和食中心の食事にしたり、噛み応えのある食事に変えると唾液の分泌が活性化します。

これで安心! 口臭予防に役立つ3つの対策

対策1:むし歯や歯周病を治す
大きなむし歯ができていたり歯周病が進行すると、口臭がきつくなります。不安な人は歯医者でチェックしてもらいましょう。

対策2:歯を丁寧にブラッシングする
ブラッシングは歯に付いた歯垢(プラーク)を落とし、短時間に口の中の汚れや細菌を減少させることができます。口臭が気になる時は、特に磨きにくいところにプラークが残っていることがあります。歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかり落としましょう。また、歯磨き後のリンスなども効果的です。

対策3:舌を磨く
口臭の素は、舌の上でもっとも多く作られます。舌に付着した白い苔状のものを「舌苔」といいますが、舌磨きでこの舌苔を除去し、清潔に保つと効果的です。