Doctors Me(ドクターズミー)- 虫歯予防に《お茶》が効果的って本当?

写真拡大

歯医者で虫歯予防にフッ素(フッ化物)を勧められたことはありませんか?
それは、フッ素には歯の表面(エナメル質)に取り込まれることで、酸に対する抵抗性を高める役割があるからです。フッ素は自然界に存在し、魚や肉、豆類などほとんど全ての食品に微量に含まれています。

では今回のテーマである“お茶”とは、どのような関係があるのでしょうか?

緑茶は虫歯予防に効果的だった!

実は、緑茶にはフッ素が多量に含まれており、1日にコップ1杯(約100cc)飲むと、かなりの虫歯予防になると考えられています。

また、緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンは、殺菌作用があります。
むし歯菌(ミュータンス菌)に緑茶を加えて培養すると、1時間後にはほとんど死滅するというデータもあるほどです。これは、カテキンには細菌の細胞膜に損傷を与える作用と、細菌が出す毒素を解毒する作用があるからです。
さらに、お茶には砂糖が入っていることが少ないというのも、重要な要素ですね。

以上のことから、緑茶は虫歯予防に効果的といえるでしょう。

フッ素の過剰摂取が不安……!

ご安心ください。

玉露などの高級茶に比べ、番茶がもっともフッ素の浸出度が多いと言われていますが、コップ1杯の番茶に含まれるフッ素は、0.22〜0.35喞度。フッ素の1日の摂取量の上限値は成人で10咫日本人では食品による1日のフッ化物摂取量が0.4〜1.8咾箸気譴討い泙垢ら、1日コップ2〜3杯を飲んだとしてもこの上限値を超えることはありません。

緑茶以外に虫歯予防になる飲み物は?

番茶の次にフッ素が多いのは、紅茶です。しかし紅茶は砂糖を入れて飲むことが多いので、虫歯予防として取り入れるならノンシュガーがお勧めです。
また、歯垢抑制作用があるウーロン茶も見逃せません。もちろんカテキンやフッ素も含まれていますので、虫歯予防にもお勧めです。

医師からのアドバイス

食後や口寂しい時、今までの甘い飲み物からノンシュガーの緑茶やウーロン茶に変えてみませんか? もちろん、歯磨きもしっかり行ってくださいね!