世界初の「虹彩認証スマホ」にSFの世界を見た:「ARROWS NX F-04G」レヴュー

写真拡大

セキュリティ対策のために、“モア”な長さのパスワードが求められている現在。人それぞれ異なる指紋認証によるロック解除が長らく使われてきたが、富士通はスマートフォンの世界では初となる生体認証技術、虹彩認証機能を搭載する「ARROWS NX F-04G」をリリースした。ここが未来か!

「世界初の「虹彩認証スマホ」にSFの世界を見た:「ARROWS NX F-04G」レヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIRED
・SF映画の世界観でFUNに使える虹彩認証機能
・ミラーレスデジカメを凌駕する高速オートフォーカス/リアルタイムHDR
・超高速近接データ転送を可能にしたTransferJet

TIRED
・内蔵メモリが32GB。4K動画を保存するにはやや心許ない
・カメラアプリの機能がスタンダード。扱いやすいがこだわった撮影には不向き

ガジェットごとに、サーヴィスごとに異なるパスワードを使おうという流れが加速している。しかし多くのパスワードをそらで覚えるには相応の能力が必要だ。だからといって紙にパスワードを記してしまっては万が一のときにダメージが大きい。

そこで近年、ガジェットの世界では指紋による生体認証システムが多く使われてきた。しかし、よりイージーに、そしてセキュリティレヴェルの高い生体認証技術はないものだろうか。それも、スマートフォンに搭載できるコンパクトなシステムで。

富士通が開発した「ARROWS NX F-04G」に搭載されているIris Passportは、その願いを叶えてくれるアーキテクチャといえる。眼球の角膜と水晶体の間にある薄い膜の部分。それが虹彩だ。指紋と同様に2つとして同じ模様はないといわれており、SF映画などでもドアロック解除シーンなどで使われている。

Iris Passportは赤外線カメラでオーナーの虹彩を読み取り、ロックの解除・ID&パスワードの自動入力・プライヴァシーモードの切り替えなどを行ってくれる。「ギャラリー」や「電話帳」などのアプリを個別にロックする設定も可能だ。

認証速度はハイレスポンス。画面をタップしてロック画面を表示、眼球の位置を合わせながら端末前面の赤外線カメラをのぞき込むと、すぐにロックが解除される。その他のセキュリティ機能に関してもスピーディだ。

注目すべきは虹彩認証用の赤外線カメラだけではない。アウトカメラのクオリティも秀でている。

搭載するセンサーは1/2.4インチで有効画素数約2,150万画素を誇る、ソニー製の積層型CMOSイメージセンサーExmor RS。また見上げるような持ち方だと遠景に、俯瞰の画角だと近距離にピントが合うようにチューニングされており、スナップもテーブルフォトも得意だ。

異なる露出の画像を重ね合わせてダイナミックレンジを拡大するHDR機能もハイレスポンス。撮影画像をリアルタイムで確認できる。逆光など、通常では撮影が難しいシチュエーションも難なく切り取ってシェアできる。日常的に使ってもストレスはなし。デジタルセンサーだからこそ可能とした新たな撮影テクノロジーが、ARROWS NX F-04Gで根づくのではという予感もする。

4Kの動画撮影機能も、載せてきた。緻密で精細、高密度な映像世界は見ていて引き込まれるもの。フルスペックでの再生には4K TVやPC+4Kディスプレイが必要になるが、電力出力回路の機材を一新させたとしても満足のいくクオリティだ。

静止画も動画も、搭載ディスプレイのレゾリューションを超えるクオリティで眼前の1シーンを記録できるARROWS NX F-04Gは、高解像でビットレートも高いコンテンツのビルディングマシンでもある。ゆえに各コンテンツはファイルサイズも大きくなってしまう。

その巨大データをサポートするのが、スマートフォン本体内に初めて搭載されるTransferJet。「あえて3cmしか飛ばない無線システム」で、対応機種とのデータ転送速度は最大で375Mbps。わずかな時間で巨大化したマルチメディアデータも送り出せる。

リッチコンテンツを受け止める、という意味でもARROWS NX F-04Gの存在価値は高い。フルサイズデジカメなどで撮影したコンテンツをARROWS NX F-04Gは瞬時にダウンロードでき、しかも、Wi-Fiの電波が混み合いチャンネルが枯渇状態な場所であっても、難なくシェアできる。

アウトドアでのマクロ撮影は難しいものだが、TransferJetのシステムを揃えることで5.2インチのWQHD(1,440×2,560ピクセル)ディスプレイをプロスペックの画像ヴュワーとして用いて、ピント位置をその場で確認できる。このメリットは大きい。特にフルサイズ&単焦点レンズ/マクロレンズ派にとっては、魅力的すぎるデヴァイスだ。

コモディティ化が進み、安価でスタンダードスペックなスマートフォンが台頭してきた現在。ハイエンドブランドはどのような戦略で新たな魅力を手のひらにおけるデヴァイスにビルドインしていくのかと気になっていた。「ARROWS NX F-04G」を触って、その不安は一蹴された。この端末は、この端末でしかできない、楽しめない領域に到達している。

ARROWS NX F-04G|富士通