更年期障害の症状は多岐にわたり、さまざまな体調不良が生じる。夫のことが急に嫌になるケースもある  得Illustration by Yukiko Kumano

ある程度の年を取れば、男も女もいろいろとカラダの不調が出てくるものである。『ダイヤモンドQ』編集部では、そんなあなたにカラダの悩みの解消法を紹介する。第1回は、40〜50代のオトナの女性に突然、降り掛かる更年期障害。症状は多岐にわたり、その重さは個人差が大きい。同じ女性同士でも理解できないことがあるという。

 閉経前後5年くらいの10年間が「更年期」。年齢的には45〜55才くらいになると、女性の体の中で閉経を迎える準備が始まる。卵巣の機能が低下し、その機能をつかさどるエストロゲンという女性ホルモンの分泌も減っていく。最終的に「エストロゲンの分泌ゼロ」へと向かう過程で、体や精神にさまざまな不調が起こる。

 更年期障害の症状は、驚くほど多岐にわたる。性差医療の第一人者であり、更年期障害にも詳しい静風荘病院(埼玉県)の天野惠子医師は、統合失調症のような幻覚・幻聴を訴える患者に出会ったこともあるという。深淵な世界なのだ。

「初期に起こってくるのは、のぼせ、火照り、不眠、動悸といった自律神経症状です」と天野医師。

症状には個人差
重症は10人に4人

 初期段階から2〜3年後の中期にかけて、冷え、不眠はどんどん進み、加えて、関節痛や耐え難いだるさといった全身症状、記憶や思考力の低下、目まい、耳鳴りというような症状が現れてくる。

 このように時間の経過に伴って、症状が変化していくのも更年期障害の特徴だ。

 とはいえ、こうした症状や経過は誰もがたどるわけではない。女性の10人に2人は何事もなく、2人はのぼせや火照りが起こり、あとの2人は治療が必要なほどではない程度の症状が出現し、病院へ行きたくなるほどつらい症状になるのは10人中4人程度らしい。更年期障害の症状は個人差が非常に大きいため、女性同士であっても、症状が出ない人には大変な人のつらさが理解できず、周囲の冷たさに悩んでいる人は少なくない。

 ましてや、男性にはもっと理解できないだろう。元気だった妻が最近ダルそうにしていると思ったら、唐突に離婚を切り出されて呆然とするケースもあるという。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)