うわー、ないわー! 女子がぶっちゃける「絶対に遠慮したいケチな男子の特徴」11

写真拡大

男性とのデートや飲み会は、せっかくだから楽しみたいもの。でも、最後のお会計でケチなそぶりを見せられると、テンションが下がってしまいますよね。決して割り勘が嫌なわけではなく、態度などが問題なことが多いようです。今回は、20代の働く女性たちがちょっと引いてしまったケチな男性の特徴について聞いてみました。

■決しておごらずいつでも割り勘

・「割り勘が徹底している」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「割り勘単位が細かい」(28歳/情報・IT/営業職)

・「自分の方が飲み食いするのに、完全割り勘されるとセコイなと思う」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「10歳離れてるのに割り勘にしようとされたとき」(28歳/電機/事務系専門職)

社会人になっても、細かく割り勘をしようとする人いますよね。その細かさが周りからの評価を下げていることに気付かないのでしょうか。

■合コンのときに現れる本性

・「合コンの帝王と呼ばれていたサークルの人が、『3,000円のコースだけど4,000円の体で合コンをして、女性は2,000円でいいよ!と言い男性から6,000円ずつ徴収するところを見せて、男性陣にはあとで返金する』と言っていた。せこすぎる」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「合コンで、『女の子は少なめでいいよー!!』って言っている人がいる横でお財布を出すのを嫌がっている男を見たとき。その上積極的に連絡先聞いててせこすぎると思った」(26歳/情報・IT/営業職)

・「食事代を男女でぴったり分けるため、計算している人」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

合コンは男女の出会いの場。ここでこそ、男の魅力を見せなければならない場だというのに、ケチな本性を見せてしまって、女子からの評価がガタ落ちする人も。

■食事のときにされたこんなこと

・「クーポンを多用する人。そういう人に限って、ドリンクやサイドメニューなどを一切注文しない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ラーメン屋に入って、二人で一杯で良いよねといわれたとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「残ったご飯を持ち帰った」(23歳/不動産/事務系専門職)

・「『この店、この料理でこの金額高くね』と言っていた」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

食事に関しての価値観というのは、その人の暮らしぶりが如実に出る部分です。少しでも「あ、私とは合わないな……」と思う言動があったのなら、そっとフェードアウトする必要があるかもしれません。

20代の女性たちが挙げたケチな男性の特徴、いかがでしたか? こんな行動をされたら、せっかくの楽しいデートや飲み会でも、ちょっと引いてしまいます。あまりにケチな人とは、できるだけ距離を置きたいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数122件(22歳〜29歳の働く女性)