なんと520試合を視察…ハリルホジッチ監督、日本代表メンバー発表会見全文

写真拡大

6月に行われる試合に向け、日本代表メンバーを発表したヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

会見は日本サッカー協会のYoutube公式チャンネルで生中継されたのだが、今回はその代表メンバー発表会見の全文をお届けしよう。

【関連記事】日本代表メンバー発表、原口が約2年ぶりに復帰(2015/6/1)

(司会者から紹介され、椅子から立ち上がってスクリーンの前へ)

「皆さん、こんにちは。では、会見を始めたいと思います。

ワールドカップの予選が始まります。アジアカップもあります。

ハイレベルな戦いが始まります。出来るだけ良い準備をしようと思っています。

今回の合宿は少し難しい問題があります。どういうことかと言うと、各国のリーグ戦によって終わり方が違うので、同じ日程で終わってないということですね。

5月23日に終わっている選手もいますし、長友や本田もつい最近リーグ戦を終えたばかりです。

そのために準備が変わるということです。

今日から(合宿が)始まりますけども、国内組は6月8日に来ます。この1日から8日の間までに海外組の選手が何人か合流して来ます。

つまり、1グループ目、2グループ目、3グループ目があって、4グループ目が国内組の到着になります。

『この合宿は少し難しい』と言ったのはそのためになります。

個人的なスペシャルなトレーニングもします。フィジカルテストもします。彼らがどのような疲労状態なのかを知るためですね。メンタル的なところ(トレーニング)もです。

そして、何人かの選手はクラブを変えますし、その準備もしなければいけません。

テクニカルスタッフ全員で多くの仕事をしていきたいと思います。かなり個人的なトレーニングをします。いろんな難しいことをしますけども、我々の目的は勝利を続けるということです。

3月に2試合勝利をしましたが、さらにそれを確認したい。

今回はイラクというチームとやります。ワールドカップの予選はシンガポールとやります。そして、この2試合は厳しく戦っていきたい。そのために準備をします。

まず、リストの発表を始める前に、皆さんに情報を見せたいと思います。我々が合宿でどういった準備をしてきたか、という情報です。

私だけが仕事をしたのではなく、ここにいるスタッフも人員で仕事をしてきました。

このように準備しました。

【3月から5月にかけて、代表スタッフが視察した試合の数】

J1 / J2 / J3 :116試合(現地視察)
ナビスコカップ:28試合(現地視察)
ACL:24試合(現地視察)
ヨーロッパ:3試合(現地視察)

現地視察合計:171試合
ビデオ視察合計:349試合
合計:520試合

※テクニカルスタッフ会議:12回

私が日本に着いてからJ1、J2、J3を含めて116試合見に行きました。

ナビスコカップは28試合ですね。ACLは24試合。ヨーロッパで行われた試合は3試合。

これらはLIVEで見に行ったものです。そういった試合が171試合、スタッフ全員で349試合ほどビデオで見ました。イラクとコンゴの試合(?)も見ましたので、ここに2試合足していてください。まあ、1時までかかって見たんですけども。

つまり、トータルで520試合見た計算になります。これは素晴らしいことだと思います。

皆さんにこれを紹介したいのは、代表のスタッフはこれだけ仕事をしているということです。スタッフがたくさん仕事をして、いろんなところに行ってもらいました。

オフィシャルのミーティングを最低12回やりました。2時間から4時間かけてミーティングするんですけども、これ以外にも毎日いろんなブリーフィングもします。代表監督というのはこういう厳しい仕事をしているということを知ってもらいたい。

我々の目的は、日本のフットボールを向上させることです。もっと高いレベルへと行くことです。とにかく、まずはロシアに行かなければならないのですが、まずはそれが目的となります。

この合宿で25人選びました。4人はキーパー。

【GK】

川島 永嗣
西川 周作
権田 修一
東口 順昭

なぜキーパーを4人選んだのかと言うと、トレーニングを容易にするためです。

2人怪我すれば、2人替えられるということですね。(登録の上限が)23名なので、もしかしたら1人はいなくなるかもしれません。

国内組も呼びました。川島は少しプレーしていないので難しいと思いましたけれども、試合をやっていないですね。Bチームでプレーしたというのは聞きました。そのため、彼には今日来てもらってトレーニングを開始します。2,3週間かけてトレーニングをしてもらいます。

彼がどのようなパフォーマンスになるかこれから様子を見ましょう。ただ、彼をたくさん信頼していますので、本当にいい状態で来てくれますので、彼にはもう少しやってもらいたいということですね。

試合をしていないとトップフォームにはならないので、この2試合に向けてどのような状態になるかこれから様子を見てみましょう。

では、ディフェンスにいきます。

【DF】

酒井 宏樹
酒井 高徳
長友 佑都
太田 宏介
吉田 麻也
丹羽 大輝
森重 真人
槙野 智章

まずは両サイドバックの選手。

酒井宏樹はリーグ戦の最後の方にかなりいい試合をしました。この前の試合は出場停止だったですが。

ゴートクはたくさんプレーしていない。彼もどのような状態で帰って来るかこれから様子を見たい。フィジカル的なトレーニングをたくさんしてくると思いますので、様子を見てみましょう。

長友はこの2試合に90分出ていますし、数週間前に会いにも行きました。かなり経験もあって期待しています。2試合に向けて準備ができていると思います。

太田もかなりクオリティは高いです。オフェンス面でかなりの能力を発揮してくれます。ディフェンスのこともこれから覚えてもらいます。彼と話を通じて、そういうものを向上させたい。彼も今日その中に入っているということです。

(吉田麻也以下4名を指して)これはセンターバックになる予定の選手です。

吉田はサウサンプトンでプレーしています。最近2試合はたくさんプレーしていないですけども、能力がありますね。我々に力強さを与えてくれます。彼にも期待しています。

新しい選手としては丹羽ですね。彼も競争の中で勝ち取ってほしいな、と。すでに経験がある選手です。日本代表ではプレーしていませんが、この前合宿に来てもらっていろいろ話しました。彼以外にも4,5人候補がいましたが、彼は今のところここに来てくれました。彼はセンターもできますし、サイドもできます。彼も代表に入る資格があることを証明してほしいな。

槙野も良いシーズンを送りました。ここ最近もかなりいいパフォーマンスを見せてくれています。彼ともたくさん話をしました。ポジションに戻ることとか、ディフェンス面での厳しさなど話をしました。ここ最近いい試合をしていると思います。

森重もここ何年も日本代表に入っていますし、クオリティがありますし、さらにもっと良くなると思います。彼もプレーヤーとしても人間としても結構期待しています。

それでは中盤です。

【MF】

長谷部 誠
柴崎 岳
山口 蛍
谷口 彰悟
香川 真司
清武 弘嗣

6人いますね。バランスを取って6人です。

(表記に関して)前2人と後ろ2人という感じでペアを組んでます。

長谷部は常にプレーしていますね。彼はリーダーでもありますし、かなり期待しています。チームに力強さを与えてくれる選手です。我々のチームのリーダーの一人でもあります。ドイツでもいいシーズンを送りました。ドイツでも常にプレーしています。常にプレーしているので、トレーナーとしっかり調整してあげたいなと。さらによりプレーしてほしい。特別扱いはしないですけど、疲労があると思うのでかなり丁寧に扱っていかないといけない。

柴崎もかなり能力があって、かなり可能性を感じる選手です。ディフェンスもオフェンスもですね。将来もかなり期待できる選手です。日本代表は彼にかなり多くの期待をしています。

山口は2部でプレーしていますけども、ボールを奪う選手としてかなり戦ってくれますし、競争意識もあります。膝がちょっと心配ですけども、2ヵ月彼を追跡していてよく見てますが存在感を発揮してもらいたいです。

そして少し新しいですけども、谷口ですね。彼はボールを奪う人ですね。パワーもあります。日本代表には少しパワーが足りないので、彼が必要です。ほとんどの試合に出ていますし、彼がチームに何かをもたらしてくれると思います。フィジカルの能力もテクニックの能力もかなりあります。我々と一緒に向上してほしいなと。自分のチャンスをモノにしてほしいと思います。

残念ながらカップ戦の決勝で負けてしまいましたが、香川にとって良い試合でした。最初の得点は彼のスルーパスから始まりました。得点を決めるチャンスもありましたが、残念ながら決勝に負けてしまいました。デリケートなところもありますけど、彼の自分のパフォーマンスをしっかり見つけてもらいたい。ただ、ドイツのビッグクラブでやっているので難しいとは思います。彼をかなり期待しています。本田らと同じで、5日にやって来ると思います。何日か休んでもらってここに来ます。

清武も良いシーズンを送りました。最後にチームを救ったという感じですね。ヘディングでも得点しましたし、テクニックのクオリティも高いです。彼も少しパワーが足りないですけれど、我々代表に力強さ与えてくれます。彼の経験が我々にもたらしてくれると思います。

フォワードですね。7人選びました。4人ほどはサイドで、3人は真ん中です。

【FW】

本田 圭佑
原口 元気
宇佐美 貴史
武藤 嘉紀
岡崎 慎司
大迫 勇也
川又 堅碁

このように、前の選手を少し(多めに)欲しいなと。

なぜこうしたかと言うと、リーグ戦の後なのでかなり疲労があります。怪我があれば替えたいな、と。もしかしたら、何人かは最後には(メンバーに)入れないかもしれません。

とにかく全員でトレーニングをしていきたい。野心とモチベーションを持ってやってもらいたい。

本田です。シーズン最後にかなりチャンスを作ってくれました。ただ、クラブとしては良いシーズンではなかったかもしれません。ただ、この選手にはかなり期待しています。能力もありますし、違いを生み出せる選手ですね。日本代表に最ももっと大きなものをもたらしてほしい。

原口はちょっとだけ新しい選手ですね。サイドで使いたい。ほぼ全試合、90分出ているんじゃないかな、と。左でも右でも。テクニック能力は高いです。タクティックスも能力がある。いろんなゾーンでも活躍できる選手です。私は初めて彼に会いますが、彼もポジションを奪ってほしい。

宇佐美にはたくさん期待しています。宇佐美とはかなりコンタクトを取っています。たくさん話しました。私のスピーチを彼は受け入れてくれたので嬉しいですし、良いシーズンを送りました。得点王にもなりそうですね。能力がたくさんあって、これからもたくさん向上していくと思います。日本代表でかなりのことをしてくれるんじゃないかな。

武藤も同じです。かなり能力があります。おそらく海外に行きますね。良い選手になるために、もう少し修正が必要なところもあります。宇佐美なんかもそうです。かなり能力が高いですし、よく話も聞いてくれて向上すると思います。

岡崎はエネルギッシュでたくさん走る選手です。何試合か見みました。とにかく戦うし、人間性にもポジティブなものをたくさん持っている選手です。我々のチームに力強さを与えてくれる選手です。

大迫はここ最近でかなり活躍していましたね。彼もかなり向上すると思います。彼ともディスカッションしてしますし、より良くなる選手だと思います。

川又は他の選手とは違ってパワー重視の選手ですね。ペナルティエリアの中で、パワーで勝っていく選手にしたいと思っています。国内で試合をする時にもしかしたら使うかも知れません。かなり向上すると思います。向上するために、私は道を見つけたいと思います。

25人の選手です。キーパーを1人増やしたのと、フィールドの選手を1人増やしました。

23人にするには、また様子を見ます。

今日からいろんなグループになりますが、最後のグループは8日に到着します。怪我がないことを祈っています。

我々の目的は2試合に勝つこと。そして、ワールドカップの予選を野心を持って戦っていきたいと思います。

では、これから質疑応答に行きたいと思います」

(ここでようやく着席する)