新宿スワンがシンデレラを撃破、公開初週の週末ランキングで1位に。

写真拡大

俳優・綾野剛主演の映画「新宿スワン」が5月30日より全国320スクリーンで公開され、5週連続1位を記録していたディズニー映画「シンデレラ」を破り、週末興収・動員ランキング初登場1位の大ヒットスタートを切った(※興行通信調べ)。

晴天に恵まれた週末。12歳以下でも成人・保護者の助言や指導があれば鑑賞可能なPG-12指定の「新宿スワン」は、20代〜30代カップルのデートムービー層を中心に、高校生や大学生の友人同士、「ヤングマガジン」での連載時やコミックからの原作ファンなど、娯楽映画として幅広い客層を動員。

5月30日(土)、31日(日)の週末2日間の観客動員数は17万5,337人、週末2日間の興行収入は2億5,232万4,500円を記録した。

本作は一文無しの天パー金髪、愛嬌たっぷりの主人公白鳥龍彦の成長物語を中心に、ライバル秀吉(山田孝之)との見せ場たっぷりの激しいアクションシーンや、厳しい世界を生き抜く知恵をくれる先輩真虎(伊勢谷友介)との絆、そしてアゲハ(沢尻エリカ)とのほのかなラブロマンスなどが繰り広げられる。