各地気象台の6日午前の発表によると、強い寒気の影響で九州、四国、中国、近畿の各地方の天気は大荒れだ。気象台では、積雪や路面の凍結による交通障害、雪による視程障害、積雪や降ひょうによる農作物や農業施設等の被害、落雷、突風、強風や高波などに注意を呼びかけている。

 九州南部の東シナ海側沿岸部では、大雪となっている所がある。指宿・川辺と鹿児島・日置では6日午前9時頃にかけて、大雪となる見込みだ。積雪の深さは多い所で、山地20センチ、平地10センチ。  

 九州北部地方では6日昼前にかけて、雷を伴って雪が一時強く降り、平地、山地ともに大雪となる見込みだ。降ひょう、落雷、突風のおそれもある。6日午前3時現在の九州北部各地の積雪の深さは、対馬市厳原で5センチ、阿蘇山で14センチ。6日午前6時から6日正午までの降雪の深さは多い所で、山口県の山地で20センチ、九州北部地方の山地で10センチ、その他九州北部と山口県の平地で5センチの予想。

 四国地方は6日昼過ぎにかけて、局地的に落雷や突風、降ひょうのおそれがある。また、山地や山沿いを中心に、局地的に積雪となるもよう。6日午前6時から同日午後3時までに予想される降雪量は、山地や山沿いの多い所で5センチ、平地の多い所で3センチの見込みだ。

 中国地方は、強い寒気が昼頃には中国地方から東に抜ける見込みで、中国地方の大雪のおそれはなくなった。6日夕方にかけて、大気の不安定な状態が続くため、落雷、突風、降ひょうのおそれがある。

 近畿地方は6日昼過ぎまで、近畿北部や近畿南部を中心に雷が発生し、突風を伴う所がある見込みだ。6日午後は、天気は回復に向かうようだ。【了】