マツコ・デラックス

写真拡大

1日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX系)でマツコ・デラックスが、自撮り写真の加工について「悪質」と苦言を呈する一幕があった。

番組の「夕刊ベスト8」のコーナーで、第6位に「自撮りを加工して理想の私をSNSに投稿」と題し、日本経済新聞の記事を取り上げた。記事ではスマホの自撮り加工を「つけまつげと同じ感覚で、かわいく盛れていると褒められると嬉しい」などの女性の意見を紹介している。

スタジオではコメンテーターの若林史江が、プリクラでの過剰な加工には批判的な見解をみせたが、マツコはすかさず「でもその方がさ、確実に加工って分かるから良心的じゃん!」と反論した。

マツコは、プリクラでの過剰な加工については「あれをかわいいって思っているセンスは、私たちでは到底理解できない」と語ったが、一方で「ちょっとイジってるくらいって『この人、キレイよね、カッコイイよね』って、普通に受け入れちゃうじゃん。分かんないから。その方がよっぽど悪質じゃない!?」とスマホで自撮りした後のさり気ない加工については“悪質”と指摘した。

すると、司会のふかわりょうが、内藤聡子アナウンサーに「内藤さんなんか、インスタグラムに投稿されてますけど、ナチュラルでいってるんじゃないんですか?修正されてるんですか!?」と迫ると、内藤アナは「今は、とっても良いアプリが沢山出てるんです…」と、告白して笑いを誘った。



【関連記事】
マツコ・デラックスがホラン千秋を絶賛「爆発してほしいんだよ」
マツコ・デラックスが誤解され続けるふかわりょうを擁護「それでいいじゃない」
マツコ・デラックスがメールのラリーを効果的に止める方法を語る