Doctors Me(ドクターズミー)- 《飲み会シーズン》飲み過ぎて吐きそう…そんなときの対処法。

写真拡大

■ 飲み会シーズンを無事に乗り切るために。

春になると、新社会人や新入生の歓迎会などお酒を飲む機会が増えてきますよね。そんな飲みの席では、先輩からすすめられたり、場の雰囲気にのせられてついつい飲み過ぎて“うっ”となることもあるでしょう。
できるだけ、周囲に迷惑をかけたくない、と嘔吐だけは避けたいと多くの方が考えていると思いますが、それでも具合が悪くなってしまうことも……。今回は、そんなときの効果的な対処法を紹介します。

■ イザというときの対処法3つ

1:衣服を緩める
吐き気が出るのは、飲み過ぎや食べ過ぎによる消化管への刺激により、脳にある嘔吐中枢が影響を受けるからです。ただでさえ過度の飲食で気持ちが悪くなっているところに、きつめの衣服やベルトなどで消化管を締め付けると、症状が悪化……。少しでも不快感を覚えてきたら、ボタンをはずしたり一枚服を脱いだりして、できるだけ体を締め付けない、楽な服装や体勢をとることが大切です。 横になる場合は、胃の消化を促進するために体の右側を下にするといいでしょう。

2:ミント系のガムやアメを携帯
ミントの香りは気分を爽やかにし、吐き気を抑える効果があることが知られています。おつまみに匂いの強いものが出ることも多い飲み会ですから、飲み終わった後の口臭消しにも使えて、一石二鳥です。

3:胃腸薬や吐き気止めを予め用意
体質的にお酒を飲んで胃腸の不快感や吐き気が出やすいとわかっている場合は、薬局やドラッグストアで体に合った胃腸薬や吐き気止めを買っていくというのは、精神的にも安心感を得られて、いい方法です。

■ 医師からのアドバイス

ただもちろん、これらの方法にも限界はあります。ほろ酔い気分で楽しくすごすためにも、何か食べながら、ゆっくりペースでお酒を飲むようにしましょうね。