第18回全国中学高校Webコンテスト

写真拡大 (全4枚)

 学校インターネット教育推進協会(JAPIAS)は、「全国中学高校Webコンテスト」を今年も開催。参加チームを募集している。申込期間は7月15日まで。自分たちの興味のあるテーマで制作したWeb作品を競い合う。

 同コンテストは、1998年「ThinkQuest@JAPAN’98」としてスタートし、今年が18回目となる。チームが1つの目標に向かって、お互いに知識や知恵を出し合い、補完し合いながら作品制作を進めていく。プロジェクト型の目標達成スキルを学ぶプログラムであり、未来を担う人材育成のためのプログラムでもある。

 コンテストは、中学生の部と高校生の部の2部門で実施。3〜6名の生徒でプロジェクトチームを作り、自分たちの興味のあるテーマで制作したWeb作品を競い合う。制作にあたっては、選択したテーマにもとづいて調査や取材を行い、その結果をとりまとめて表現する必要がある。

 応募作品は、「Web教材」または「問題解決」のいずれかの区分を選択して応募。「Web教材」は、ほかの生徒たちがそのテーマについて学習できるようになっているもの。「問題解決」は、実際に存在する解決すべき問題を取り上げ、問題点と解決策、解決に至るまでのプロセスなどを資料やデータに基づき論理的に提示するもの。

 応募作品は、コンテンツ、文章記述と構成、表現の工夫・機能、独創性、学習への配慮などの基準に基づき審査される。それぞれの部門において上位10チーム、合計20チーム程度をファイナリストとして表彰する。また、全部門を通じてもっとも優秀な作品1点に最優秀賞および文部科学大臣賞が授与されるほか、優秀作品には総務大臣賞、経済産業大臣賞、特別賞などが授与される。

◆第18回全国中学高校Webコンテスト

参加資格:日本国内外の中等教育機関(中・高等学校など)に在籍し、2015年4月1日現在、12才〜17才であること。

チーム構成:生徒3〜6名とコーチ1名(任意でアシスタントコーチ1名を追加できる)

応募部門:中学生の部/高校生の部

応募区分:「Web教材」「問題解決」のいずれかを選択

使用言語:日本語と英語

参加申込:Webの参加申込フォームから

申込期間:2015年5月29日(金)〜2015年7月15日(水)

作品提出締切り:2015年11月19日(木)

作品改良締切り:2016年1月8日(金)

受賞作品発表:2016年2月20日(土)予定

ファイナリストプレゼンテーション・授賞式:2016年2月20日(土)東京で開催予定

※チーム構成の要件など詳細はWebページで確認できる 《リセマム 外岡紘代》