レーザープロジェクター内蔵スマホのコンセプトを発表したレノボの狙い

写真拡大

レノボは、フルサイズのキーボードやピアノ鍵盤などをテーブル上に投影できるプロジェクター内蔵スマートフォンのコンセプトを発表した。「サブディスプレイをもつスマートフォン」なども動画で紹介。

レノボは5月28日(現地時間)、北京で開催した「Lenovo Tech World」カンファレンスで、レーザープロジェクター内蔵スマートフォン「Smart Cast」を発表した

「レーザープロジェクター内蔵スマホのコンセプトを発表したレノボの狙い」の写真・リンク付きの記事はこちら

このコンセプト製品は、フルサイズのキーボードやピアノの鍵盤やゲームの画面をテーブル上に投影できる。ユーザーは、これまでのオプション製品より大型の「仮想ハードウェア」製品を使うことができるわけだ。

このプロジェクターは、焦点を調整する必要がない「フォーカスフリー」であるという点が、ピコ・プロジェクターなどのポケットデヴァイスや一部のスマートフォンと大きく異なる。また、テーブルに投影するだけでなく、普通のプロジェクターのように壁面に動画やゲームを映し出すことも可能だ。

ただし、カンファレンスでは、価格や発売時期は明らかにされず、Smart Cast本体とその機能を示したスライドや動画が上映されただけだった。

カンファレンスでは、内蔵キックスタンドでSmart Cast本体を立たせた状態で、テーブル上にゲームの「Fruit Ninja」を映し出してプレイしたり、ピアノのキーボードを映し出して曲を弾いたりする様子や、プロジェクター部分を「回転」させて画像の投影方向を調整する方法が紹介された。

同様な機能を目指す製品は、モバイルデヴァイスであれ、デスクトップPCベースであれ、さまざまな種類がすでに登場している。だが、一般消費者向け市場で勝者となった製品はまだない。

一方、レノボは今回、スマートウォッチ「Magic View」のデモも行った。この腕時計は、ストラップ部分に小さなサブディスプレイが付いている。サブディスプレイの表示内容は、顔を近づけて覗き込まなければ見ることができないため、周りにいる人たちに見られたくないプライヴェートな内容を表示するのに向いているという(Virtual Interactive Display:VIDと呼ばれる特殊な表示装置を備えている)。

また、このサブディスプレイは、腕時計本体のディスプレイと比べて20倍ほど拡大表示できるという。

なお、レノボは「Smart Shoes」も披露した。このシューズは、運動量やカロリー消費量を監視して、それらの情報をスマートデヴァイスに送信できるほか、簡単なナヴィゲーション機能も付いており、移動中に方向を誘導してくれるという。また、装着者の「気分」をチェックしてシューズに表示することさえできる。

ただし、レノボがこのコンセプトを発表したのは、最終製品として発売するためではない。目的は、同社のクラウドサーヴィスをベースとしたIoT(モノのインターネット)プラットフォームで、どういうことが可能になるかを示すためだったようだ。

TAG

LenovoProjectorSmartphoneVideoWIRED UK