「酔っているほうがビリヤードがうまくなる」の科学的根拠

写真拡大

「酒が入っていたほうがビリヤードがうまいんだ」。バーでそう思ったことのあるあなたは、実は正しいのかもしれない。アルコールは生理的かつ心理的に、特定のスポーツにおけるパフォーマンスを向上させることがわかりつつある。

「「酔っているほうがビリヤードがうまくなる」の科学的根拠」の写真・リンク付きの記事はこちら

バーでしばらく飲んでいれば、誰かがビリヤードのキューを持って、こう言うのを耳にすることだろう。「おれは酒が入っていたほうがうまいんだ」

ひょっとしたら、あなた自身も言ったことがあるかもしれない。アルコールで何かが上手くなることは事実上なさそうなのに、どうして人は、飲んでいるときのほうがビリヤードが上手いと感じるのだろう? アルコールは本当に、パフォーマンスを向上させる薬物として作用するのだろうか?

実は、場合によっては、その答えはイエスだ。元メジャーリーグの投手デヴィッド・ウェルズは、1998年5月17日にニューヨーク・ヤンキースを完全試合に導いたとき、多少酔っていたという。ビリヤード選手の故ビル・ワーベニックは、試合の前にも最中にも、試合後にも大量に飲酒し、本態性振戦(原因不明のふるえ)の影響を打ち消したといわれている。

なぜこのようにアルコールで競技が上達することがあるのかはまだ完全にはわかっていないが、大きく分けてふたつの理由があるようだ。生理的なものと、心理的なものである。

緊張した筋肉を弛緩させる

世界反ドーピング機関(WADA)は、アーチェリー、オートレース、バイクレース、競艇、エアースポーツの5つのスポーツにおいてアルコールを禁止している。「一部のスポーツでアルコールを禁止しているのは、主に安全上の理由からです」と、WADAのスポークスマン、ベン・ニコルズは言う。「しかし特定の分野では、アルコールがパフォーマンスを向上させることも理由になっています」。アーチェリーがそれに当たる。

1985年の研究で、英国のスポーツ・運動生理学の研究者トーマス・ライリーは、プロのアーチェリー選手へのアルコールの影響(血中濃度0.02パーセントと0.05パーセント)を、しらふのときと比較検証した。どちらの濃度でも選手の手の震えが減少。成績は、血中アルコール濃度0.02パーセントのときに最も高かったという。

なぜこのような結果になったのだろう? アーチェリーなどの標的を狙う競技では、アルコールが体を弛緩させることが理由のようだ。スムーズに弓を引いて放つためには筋肉の弛緩が必要だが、アルコールが緊張した筋肉を弛緩させ、動きを安定させるのである。

心の準備を助ける

しかし、酒は筋肉を弛緩させるだけではない。アルコールは不安に関連する神経伝達物質セロトニンの濃度を下げ、幸福を感じやすくさせる。またアルコールは脳内のグルコース利用を促進し、一時的に脳活動を活発化させることもある。つまり微量のアルコールは、勝負に対する心の準備に役立つのだ。

またアルコールには、自信喪失や「チョーキング」(プレッシャーで体がうまく動かなくなる心理学的現象)を防ぐ効果もあるのかもしれない。問題解決におけるアルコールの効果を研究するイリノイ大学の心理学者ジェニファー・ワイリーによれば、しらふの人は「分析的思考になりがちで、それがビリヤードにおいてはチョーキングの原因になる」ことが研究結果から示されているという。血中に多少のアルコールが混じると分析的思考が阻害され、「考え過ぎる」ことがなくなるのだ。

そういうわけで、酒が入っているほうがビリヤードがうまくなると感じるあなたは、実は正しいのかもしれない。もちろん負けたときは、アルコールのせいにしてしまえばいい。

(関連記事)赤ワインは健康にいい、わけではない:研究結果

TAG

AlcoholScienceSportsWIRED US