ハリルホジッチ監督、谷口の招集理由は「日本代表にはパワーが足りない」

写真拡大

文=青山知雄

 1日に千葉県内で2018年のFIFAワールドカップ ロシア大会のアジア2次予選に向けた日本代表メンバーが発表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は5月12日、13日に行われた日本代表候補合宿で初招集した選手の中から、DF丹羽大輝(ガンバ大阪)、MF谷口彰悟(川崎フロンターレ)をアジア2次予選に向かうメンバーに加えた。

 今野泰幸(ガンバ大阪)がメンバーから外れた中盤には「日本代表には少しパワーが足りないので、彼が必要だと考えた」という理由で谷口を招集。ボランチとセンターバックでプレーできるユーティリティ性を持ち合わせており、「ボールを奪う選手でパワーもある。彼がチームに何かをもたらしてくれるはず。フィジカルもテクニックもかなりあります。我々と一緒に向上してほしいし、チャンスをモノにしてほしい」と若き逸材に期待を寄せた。

 日本代表は、11日に日産スタジアムでイラク代表とキリンチャレンジカップ2015を戦った後、16日に埼玉スタジアム2002でシンガポールとのFIFAワールドカップ・ロシア大会のアジア2次予選に臨む。