ドラえもん科学ワールド-ロボットの世界

写真拡大

1963年にテレビアニメ化された「鉄腕アトム」では、想像上のものでしかなかったロボット。1999年、限定3000台が20分で完売したソニーの犬型ロボット「AIBO(アイボ)」をはじめ、ソフトバンクの感情を認識するpepper(ペッパー)や、自動掃除機ルンバなど、現代では人間の生活のなかでも存在感を高めている。ロボットの最新技術はどこまで進んでいるのか? 人間との共存は? など、さまざまな角度から人間とロボットの新たな関係を読み解いていく。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

まんがで知る、ロボットの最新情報

累計54万部以上の大人気シリーズ、ドラえもん科学ワールドの最新刊、『ドラえもん科学ワールド-ロボットの世界』(監修・藤子プロ/科学未来館、まんが・藤子・F・不二雄、918円、小学館)。今回はドラえもんならではのテーマ、ロボットの最新情報を紹介する。

昔は想像上の機械でしかなかったロボットが、科学技術の発達や技術革新に伴い、工場や家庭はもちろん、病院、災害現場、深海や宇宙にまで活躍の場を広げている。「超高齢化社会はロボットが支える?」「生活支援ロボットはここまで進化している!?」「日本はロボットの分野では世界の最先端なのはなぜか?」などの素朴な疑問や問題点を写真やイラストでわかりやすく解説している。ドラえもんの作者である藤子・F・不二雄氏も、ロボットのストーリーを多数執筆! 日進月歩で進化するロボットの世界を楽しもう。

人はどうやって生きていくか、を考えてみる

爆発的な処理能力を身につけたコンピュータが、人間の仕事を奪うことを示した前著『コンピュータが仕事を奪う』に続き、国立情報学研究所の新井紀子教授が『ロボットは東大に入れるか』(1512円、イーストプレス)で「人間に残された領域とはなにか?」を問う。

将棋の対戦におけるコンピュータの勝利やAmazonやGoogleのシステムなどを例にとり、コンピュータの下請けをする人間の姿を描きながら、世界的な最低賃金の引き下げがどんな経済危機をもたらすか、など「人間にしかできない仕事は何か」について考察する。

さらに、人工頭脳「東ロボくん」に代ゼミの「全国センター模試」、「東大入試プレ」模試を解かせるなど、その実験結果とともにロボットの進化について紹介。ロボット技術の最前線を知ることで、未来を見極める手掛かりが見つかるかもしれない。

アンドロイドが教えてくれる人間の本質

もし自分と同じ姿形のアンドロイドがいたら? 誰でも少しは想像したことがあるのではないだろうか。日本が誇るロボット研究の第一人者が挑むのは、限りなく人間に近いアンドロイド、自分そっくりの「ジェミノイド」作り。

『どうすれば「人」は創れるか:アンドロイドになった私』(著・石黒浩、594円、新潮社)では、アンドロイドになった自分や自分以外のモデルの体験を通じて、アンドロイドになると何が見えてくるのか? 自分に何を教えてくれるのか? を検証する。

「遠隔操作型アンドロイドを創る」、「アンドロイドになる」、「ジェノミノイドに恋をする」、「実体化するもう一人の自分」、「人間がアンドロイドに近づく」など、全12章の徹底分析で、アンドロイドという道具を手にして知った、人間の本質に迫っていく。