FC東京からは最多4人が選出、武藤「全員で良い準備を」

写真拡大

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は1日、11日の国際親善試合・イラク戦(日産ス)、16日のW杯アジア2次予選・シンガポール戦(埼玉)に臨む日本代表メンバー25人を発表した。FC東京からは最多の4名を選出。4選手は公式サイトを通じ、意気込みを語った。

以下、コメント

●GK権田修一

『W杯ロシア大会予選が始まるので、本大会出場を目指してチームのために、また日本のために頑張ります』

●DF森重真人

「日本代表に選出されたことを大変光栄に思います。W杯本大会出場に向けた大事な初戦となるので、選手・スタッフとコミュニケーションをとりながら、チーム作りをしていきたいです。勝利が一番の目的ですので全員で良い準備をして、ファン・サポーターのみなさんと共に戦いたいと思います」

●DF太田宏介

「日本代表に選出して頂き、光栄に思います。これも日頃から支えてくださるファン・サポーターのみなさまのおかげです。個人的には、アジア予選から戦うのは初めてですが、国を背負ってプレーできる喜びと責任を持って、日本のために戦いたいと思います」

●FW武藤嘉紀

「日本代表に選んで頂き、大変光栄に思います。W杯ロシア大会の2次予選に向けて全員で良い準備をし、本大会出場に向けて必ず勝利したいと思います。日本の代表として、またFC東京の代表として戦ってきますので、ご声援よろしくお願いいたします」


●ロシアW杯アジア2次予選特集