ハリルホジッチ監督がまたも異例会見 フィールドプレーヤー全員を寸評

写真拡大

6月1日、千葉県内でヴァイッド・ハリルホジッチ監督が11日のイラク戦、16日のシンガポール戦に臨む日本代表メンバーを発表した会見は、またも異例のものとなった。会見中、フィールドプレーヤーの全21選手を監督がどう見ているか、各選手の評価を述べたのだ。

過去の日本代表発表では、数人についての評価を述べることはあっても全員はなかった。ところが今回は、一人ずつスライドを映しながら監督がコメントし、チーム作りが明確になる会見となった。

酒井宏樹
「リーグ戦最後のほうでいい試合をしました」

酒井高徳
「たくさんプレーしていない。フィジカル的なトレーニングをたくさんしていると思いますので様子を見ましょう」

長友佑都
「この2試合、90分出ていますし、長友に会いに行きましたが、かなり経験があって、試合に出て十分できていると思います」

太田宏介
「かなりクオリティが高いです。オフェンス面で能力を発揮してくれます。ディフェンスのことも少し覚えていって欲しい」

吉田麻也
「この2試合はたくさんプレーしていないのですが、能力があります。我々に力強さを与えてくれます。期待しています」

丹羽大輝
「彼も競争の中で勝ち取って欲しい。すでに経験があります。日本代表ではプレーしていないのですが、合宿に来てもらっていろいろ話しました。彼以外に候補が4、5人いましたが、彼に来てもらいました。彼も代表になる資格があると証明して欲しいと思います」

槙野智章
「いいシーズンを送りました。ここ最近もかなりいいパフォーマンスを見せています。たくさん話をしました。ポジションに戻るスピードや、ディフェンス面の厳しさについてです。ここ最近いい試合をしていると思います」

森重真人
「数年日本代表に入っていますし、クオリティもあるし、もっとよくなるでしょう。彼もプレーヤーとしても人間としても期待しています」

長谷部誠
「常にプレーしています。彼はリーダーでもあります。このチームに力強さを与えてくれます。我々のチームリーダーです。いいシーズンを送りました。ドイツでも常にプレーしています。しっかり調整してほしい。特別扱いはしませんが、丁寧に扱っていかないとすごく疲労していると思います」

柴崎岳
「能力があって、かなり可能性があります。オフェンスもディフェンスもですね。将来がかなり期待できるでしょう」

山口蛍
「2部でプレーしていますが、ボールを奪ってくれる選手としてかなり頑張ってくれます。膝が心配ですが」

谷口彰悟
「彼はボールを奪う選手です。日本代表にパワーが足りないとき必要です。彼がチームに何かをもたらしてくれると思います。フィジカルもテクニックもあります。我々と一緒に向上して欲しいと思います」

香川真司
「カップ戦では負けてしまいましたが、彼にとってはいい試合でした。最初の得点は彼のプレーからでした。得点するチャンスもありましたが。まだデリケートなところがありますが、ビッグクラブでやっていて、とても期待しています」

清武弘嗣
「いいシーズンを送りました。最後はチームをすくいました。ヘディングでも得点しましたし、テクニックも高い。彼もパワーが少し足りませんが我々に力強さを与えてくれます。彼の経験が我々にもたらしてくれます」

本田圭佑
「クラブとしてはいいシーズンではなかったかもしれませんが、かなり期待しています。能力もありますし、違いを生み出す選手です。日本代表にもっとおおきなものをもたらします」

原口元気
「彼はサイドで使いたい。全試合90分出ているし、右でも左でも出ています、テクニックも高い。タクティックも能力があります。どんなゾーンでもプレーできる」

宇佐美貴史
「彼には本当にたくさん期待しています。たくさんコンタクトを取っています。たくさん話しました。私のスピーチを彼は受け入れてくれたのでうれしいですし、いいシーズンを送りました。得点王にもなりそうです。これからたくさん向上していくでしょう」

武藤嘉紀
「いい選手であるためにもう少し修正が必要です。宇佐美と同じです。かなり能力が高いし、走るので向上すると思います。エネルギッシュでたくさん走ります」

岡崎慎司
「たくさん走るし、人間性もいい。我々のチームに力強さを与えてくれます」

大迫勇也
「彼もかなり向上すると思います。彼とディスカッションをやって知っていますし、よくなると思います」

川又堅碁
「彼は他の選手と違ってパワー重視。ペナルティエリアの中でパワーで勝つ選手にしたいと思います。国内の試合で使うかもしれません。彼も向上するでしょう」

以上

【日本蹴球合同会社/森雅史】