マインツ移籍の武藤、W杯予選は「日本とFC東京の代表として戦う」

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は1日、6月11日に行われるキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦(横浜国際)、同16日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のシンガポール戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

 FC東京からはGK権田修一、DF森重真人、DF太田宏介、FW武藤嘉紀の4名が選出された。

 日本代表選出に際し、武藤はクラブを通じて以下のようにコメントを残している。

「日本代表に選んで頂き、大変光栄に思います。ワールドカップ ロシア大会の2次予選に向けて全員で良い準備をし、本大会出場に向けて必ず勝利したいと思います。日本の代表として、またFC東京の代表として戦ってきますので、ご声援よろしくお願いいたします」

 海外組は1日から順次合流していき、同日午後から練習を行う。国内組は8日から合流する予定となっている。

 日本代表は、6月11日に日産スタジアムで開催するキリンチャレンジカップ 2015でイラク代表と対戦。同16日に、埼玉スタジアム2002でロシアW杯アジア2次予選の初戦となるシンガポール戦に臨む。