福岡気象台の5日午後発表によると、九州北部地方にこの冬一番の寒気が流れ込んでおり、6日朝の内にかけて九州北部地方を東に進むため、九州北部地方では、6日昼前にかけて大気の状態が不安定となり、雷を伴って雪が一時強く降り、山地では大雪となり、平地でも大雪となる所がある見込みだ。

 落雷や突風、降ひょうのおそれもある。また、海上では6日夕方にかけて北西または北の強風となり、波が高いもよう。

 5日午後6時から6日午後6時までの降雪の深さはいずれも多い所で、山地では、山口県で30センチ、福岡県で20センチ、大分県と熊本県で15センチ、佐賀県と長崎県で10センチを予想している。

 同じく平地では、山口県と福岡県で10センチ、大分県、長崎県、熊本県の3県で5センチ、佐賀県で3センチを見込んでいる。 

 同気象台では、積雪や路面の凍結による交通傷害、雪による視程障害、積雪や降ひょうによる農作物や農業施設等の被害、落雷や突風、強風や高波などに注意を呼びかけている。【了】