鹿児島気象台の5日午後の発表によると、九州南部では、6日朝にかけて強い寒気が流れ込み大気の状態が不安定となり、6日朝にかけて、山地では大雪、平地でも積雪となる所があり、降ひょう、落雷や突風を伴う見込みだ。

 また、北西の風が海上を中心に非常に強く最大風速は陸上で18メートル、海上で20メートルに達し、沿岸の海域では4メートルのしけとなる予想だ。

 5日夜から6日朝にかけて降雪の深さは多い所で、山地で20センチ、平地で3センチを予想している。気象台では、雪による交通障害や路面凍結、降ひょうや突風による農作物の管理、強風、高波、落雷等に注意を呼びかけている。【了】