ふっくら、大粒のごはんが炊ける!

写真拡大

象印マホービンは、独自の羽釜形状の内釜に伝統工芸品の南部鉄器を採用した炊飯ジャー「南部鉄器 極め羽釜」に新たな機能を追加した、圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP‐WU10型 南部鉄器 極め羽釜」を、2015年6月21日に発売する。

「鉄器コート」で発熱効率アップ

「NP‐WU10型」は、おねばの通り道となる還流穴と蒸気経路を再設定した新構造で、沸騰時の吹きこぼれを防ぐ「新うるおい二重内ぶた」と、お米のアルファ化を促進する「沸とう維持」の工程で、従来の約1.3倍の高火力での炊飯を実現。それにより、おいしさはもちろんのこと、炊きあがりのごはんの体積が従来比約5%増と、これまで以上に大粒のふっくらとしたごはんを炊くことができるようになった。

「南部鉄器 極め羽釜」と同じ内釜の形状の「極め羽釜」には、内釜外面の塗料に鉄成分を添加した「鉄器コート」を施し、発熱効率をアップさせた。

また、還流穴の位置を変更したことでフラット面が広がったので、手入れがしやすくなった。同時に、圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP‐WD10型 鉄器コート 極め羽釜」(2色展開)を発売する。

「NP‐WU10型」「NP‐WD10型」ともに、炊飯容量は5.5合(0.09〜1.0リットル)。蒸気を80%に抑える「蒸気セーブ」メニューや甘み成分(溶出還元糖)を約2.3倍引き出す「熟成炊き(白米・玄米)」メニュー、約15分で炊ける「白米特急メニュー」などを搭載した。いずれも、オープン価格。