“内さま”映画主題歌にPuffy、「これが私の生きる道」起用&本編出演も。

写真拡大

人気バラエティ番組“内さま”の映画化として話題の「内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル」主題歌に、PUFFYの「これが私の生きる道」(作詞・作曲:奥田民生)が起用されることがわかった。

PUFFYがデビューした1996年に、第2弾シングルとしてリリースし、ミリオンヒットとなった「これが私の生きる道」は、デビューシングル「アジアの純真」に続いて大ヒットを記録するなど、PUFFYの人気を決定づけた楽曲。今回、主題歌に起用されただけでなく、PUFFYは本編への出演も果たしている。

この主題歌決定、および本編出演についてPuffyは「主題歌に『これが私の生きる道』を起用していただいただけでなく、ちょこっとだけ出演もさせていただき、女優気分を味わうことができました。次回は主役のオファーをお待ちしております」と喜びのコメント。

オファーを出した工藤浩之監督は、「PUFFYは『内村さまぁ〜ず』の前身とも言える『内村プロデュース』と同時期に同枠で『パパパパPUFFY』という番組をやっていて、とても三人と近い空気を感じていました。なかでも『これが私の生きる道』は映画の内容と微妙にシンクロしている気がしてお願いしました」と、その理由を説明している。

物語の舞台となるのは、探偵事務所と劇団を兼ねた“エンジェル社”。三村マサカズ演じる三田村マサル、内村光良演じる内山次郎、大竹一樹演じる大島耕作はエンジェル社で働く仲間たちで、依頼者のお悩みを“芝居を演じること”で解決する、ちょっと風変わりな仕事を引き受けている。

また、主演作「シネマの天使」の公開を控える注目の若手女優・藤原令子が女優志望のヒロイン夕子に、「仮面ライダー鎧武/ガイムシリーズ」で人気を博し、ドラマ「警部補 杉山真太郎」、映画「新宿スワン」への出演でも話題のイケメン俳優・久保田悠来がエンジェル社の仲間として活躍する伊東役で出演。笑福亭鶴瓶も今回初となるコメディ映画に参戦している。

映画「内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル」は2015年秋、全国公開。