スケーター、夢の「5階建てスケートパーク」は実現するか?

写真拡大

都市にはなかなかスケートボードで思いっきり遊べる場所がない。そんな不満をもつすべてのスケーターに向けてイギリスの建築事務所が考えたのが、駐車場をリノヴェイションしてつくる「5階建てスケートパーク」だ。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「スケーター、夢の「5階建てスケートパーク」は実現するか?」の写真・リンク付きの記事はこちら
skatepark02

2/43フロアがスケートボードのためのスペースになっている。BMXやロッククライミングもできる。

skatepark03

3/4建物は金網で覆われるため、新鮮な外の空気と陽光がよく入ってくる。

skatepark04

4/41階はカフェになっており、天井は2階の凸凹な床面の形をしている。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN skatepark01

5階建のスケートボードパーク。

skatepark02

3フロアがスケートボードのためのスペースになっている。BMXやロッククライミングもできる。

skatepark03

建物は金網で覆われるため、新鮮な外の空気と陽光がよく入ってくる。

skatepark04

1階はカフェになっており、天井は2階の凸凹な床面の形をしている。

駐車場はスケートボードで遊ぶにはいちばんの場所だ。斜面があり、レールがあり、コンクリートのこぶまでつくってある。でも、クルマは走るし人は歩くし、すぐにガードマンも飛んでくる。そして誰もが不愉快だと言わんばかりの顔をして、出て行けと怒鳴るのだ。

スケーターたちにいい知らせがある。ガイ・ホラウェイというイギリスの建築事務所が、とても正気とは思えないようなビルを提案しているのだ。かつて駐車場だった建物にスケートパークを組み込んで、スケーターにとって理想的な建物を設計したのだ。

ホラウェイは2017年の初めにはイギリスのフォークストンにこのビルを建てるつもりのようだが、これが本当にできれば、スケートボードはもちろん、屋内でロッククライミングやBMX(バイシクルモトクロス)もできる大がかりな複合スポーツ施設となるだろう。

(関連記事)Scarpar:どんな路面でも走れる電動スケートボード

この型破りなスケートパークの設計は、都市が抱える「土地が狭い」という問題を解決するために生まれたものだ。フォークストンにひとつだけあったスケートパークは、住宅地に変わるため今年中に閉鎖されてしまう。住宅開発業者が見つけたスケートパークの移転先はさまざまな仕掛けを盛り込んだパークをつくるには狭かったが、それなら上に広げてみよう、とホラウェイは考えたのだ。

設計図によれば、スケートパークは1,000平方メートルの土地に建つ5階建ての建物。メインのスケートボード場となるのはそのうちの3フロア分だ。設計チームはプロのスケーターやスケートパークの設計者から話を聞いて、コンセプトを練り上げていったという。

1階にはロビーとカフェがあり、その天井は2階のスケート場の凸凹の床面を反映して波打っている。2階より上のスケート場には柱が突き抜け、それは同時にさまざまな技を試せる障害物にもなっている。

3階のスケート場は凸凹が少なめになっており、フリースケートや自転車にちょうどいい。4階はより街路に近いデザインとなっていて、傾斜面やレールが配されている。建物は中が透けて見えるくらいの金網で覆われ、日光を十分に採り入れるが雨は弾き返すことができる。

ロッククライミング用の壁は幅11m、一度に18人が横に並んで登ることができる。そしてその裏側は、間違いなくこの建物のいちばんの魅力的な部分になっている。ビルの室内に、上から下のフロアへ滑り降りられるスロープをつくるのだ。

ホラウェイはこれから市当局の建設許可を得るための提案書を準備するため、まだ具体的なことは決まっていないという。階層構造になったスケートパークなんて聞いたことがないし、この設計が建築学的に、また安全性の観点から、いかに実現が困難かは想像に難くない。しかしこのコンセプトは、若きスケーターたちの夢として、彼らの頭のなかに存在し続けることだろう。

TAG

ArchitectureGalleryPlaySkateboardWIRED US