Doctors Me(ドクターズミー)- なぜ人はキスをするの?キスにまつわる豆知識

写真拡大

たかがキス。でも、意外と奥深い行為。

キスというのは考えてみれば不思議なものですよね。
恋人同士や夫婦のみならず親子や、地域によっては友達同士でも頬や手にキスをする習慣があるところもあります。

一体何故、キスをするのでしょうか。その理由を、さまざまな角度から探っていきたいと思います。

キスにまつわる、4つの話

説1:もともとは、子どもに食べ物を与える行為?
一説によると、キスは「動物の親が子どもに対して食べ物をかみ砕いて与える行為」が起源だといわれています。

説2:性的な欲求を満たす行為?
動物の中には性的に興奮すると相手を噛む行為をするものもあり、キスをするという行為はこの噛む行為の真似(擬似行為)で、性的な欲求を満たすためのものではないかという説もあります。

説3:快楽をもたらすホルモン物質を体が欲しているから?
科学的にはキスをすることで、脳内ホルモンである「オキシトシン」という快楽をもたらす物質が放出され、これに慣れると人間の脳はこの物質を渇望するようになり、キスをしたくなるのではないかと言われています。

説4:男にとってはマーキング行為?
ある研究ではキスは男性にとっては、犬が電柱におしっこをして縄張りを示すような「マーキング行為」の一種としての役割もあり、くちびるや唾液などから、男性ホルモンの一種である「テストステロン」を女性の体内に注入している、という説もあります。

キスをする部位で、意味が異なる

愛情:唇(人間の体の中で唇が手に次いで敏感な部位であり、相手の温度を感じやすいため)
懇願:手の甲
欲望:腕や首筋
過去のキスのシチュエーションを思い出してみると、なるほどと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

男女で、その捉え方が異なる

キスに対する感覚にはもちろん個人差が大きいものですが、性差もあるとされていて、

女性:好きな男性との関係の維持や継続といった、よりロマンティックな意味合いをもたせる人が多い
男性:ムード作りやその場の軽い愛情表現としてキスをする人が多い

と言われているようです。