写真提供:マイナビニュース

写真拡大

現在テレビ朝日系で放送中の特撮TVドラマ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』から、なりきり玩具『忍シュリケンシリーズ』の5種類が、5月30日にバンダイより一斉に発売された。価格は各1,512円。

「忍シュリケン」は、ニンニンジャーの各メンバーが使用する手裏剣型のアイテム。ニンニンジャーへの変身や技を発動する際に使用する忍シュリケンで、コアには5人それぞれが変身するニンニンジャーがデザインされ、左下にはメンバーごとに赤、青、黄、白、桃の文字が書かれている。なりきり玩具としては、現在発売中の『変身忍刀 忍者一番刀』をはじめとした『忍シュリケン』が付属した商品も展開されているが、今回単体発売された5種類のうち「モモニンジャーシュリケン」は、同シリーズ初の玩具化となる。

各『忍シュリケン』は、それぞれブレードをセットすることで「アカニンジャーシュリケン」などの音声が発動するほか、LED発光ギミックも搭載。そのほか、現在発売中のなりきり玩具『開口忍砲 ガマガマ銃』や『手裏剣装着 ニンニンバックル』、『忍者一番刀』、合体ロボット玩具『シュリケン合体 DX シュリケンジン』など、多数の商品とも連動している。

(C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映