今田耕司

写真拡大

30日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS放送)で、明石家さんまが、女優の佐々木希とアンジャッシュ渡部建の熱愛報道に、今田耕司がショックを受けていたことを暴露した。

佐々木と渡部の交際報道は、今年4月に週刊誌が報じた。さんまは、渡部に対して「嫉妬しかない」と述べ、「渡部がなんぼ面白いことを言っても、絶対に笑わんとこ」と、ジェラシーをむきだしにした。

そして、さんまは、今田や千原ジュニアと最近食事に行った際に、今田が佐々木の熱愛報道に傷ついていたことを明かす。

さんまによると、今田は佐々木を10代の頃から知っており、マネージャーを交えて何度か食事をしたことがあるという。当然、今田は佐々木のことを気に入っていたが、口説く素振りは一切見せず、紳士的に接してきたそうだ。

さんまは、「でも、今田は下心いっぱいだったんですね。もう、襲いかからんばかり。頭の中ではもう、ブラジャーまで外してたくらいらしいんですけど」と、当時の今田の心の内を暴露した。

だが、今田はその後、ネットのニュースで佐々木の熱愛を知ることに。しかも、相手は後輩芸人。この報道に相当ショックだったのか、今田は屋上に上がり、夜風に当たっていたそうだ。

さんまは、「お前、なんでそこで『付き合ってくれ、好きだ』って言わんねん」と今田に聞いたそうだが、「大人の恋愛をしようと思って」と、もっと佐々木を惚れさせるように仕向けていたんだとか。

今田の失恋に同情しつつも、さんまは「お笑いとしてはフラれた方が絶対に面白いわけでしょ?」と、持論を展開。「まぁ、私もそんなこと言うてんと、佐々木希ちゃんクラスの女性とそろそろ身を固めなきゃいけないから」と、自身の再婚についても意欲をみせていた。

【関連記事】
有吉弘行が渡部建の恋愛テクニックを暴露したことを釈明「佐々木希との熱愛知らなかった」
岡村隆史がアンジャッシュ渡部建と佐々木希の熱愛疑惑について憶測を語る
夏菜が披露した食べログの使用方法にアンジャッシュ・渡部建が違和感を吐露