今大会では19個ものバーディを奪取!ローアマを獲得した(撮影:ALBA)

写真拡大

<リゾートトラスト レディス 最終日◇31日◇メイプルポイントゴルフクラブ(6,532ヤード・パー72)>
 今季レギュラーツアー4試合目の出場となった勝みなみ。36位タイから出場した最終日は、7バーディ・2ボギーの“67”でラウンドし、トータル7アンダーの11位タイ。4試合での最高順位で『リゾートトラスト レディス』を終えた。
勝みなみの特選PHOTOを写真館でチェック!
 初日3位タイ発進となった今大会を振り返り、2つのダブルボギーがもったいなかったが、「(19個の)バーディを大分とってますね」と、好きだというバーディ合戦にもついていけたことを喜んだ勝。最終日もスタートからの3連続バーディでギャラリーを沸かせた。
 大会前から勝が狙っていたのは、もちろん予選突破からの上位進出だが、最終日のすべてのパー3にかけられた“ホールインワン賞800万円”。アマチュアは順位による獲得賞金額は受け取ることができないが、ホールインワン賞は例外。勝がツアーを賞金を獲得するための唯一のチャンスだ。ホールインワン経験はなんと既に4回(試合では中学2年時に1回、残り3回はプライベート)。大会前の“もし4つ全部獲って、3,200万円獲得したら”という問いに「将来のために貯金します。あとはヘッドフォン。3万円くらいの欲しいのあって」。
 この日狙ったのは「12番(173ヤード)と3番(162ヤード)」で12番の6番アイアンでのショットは“あわや”というショット。「右目からのドロー系の球で入ったんじゃないかなって思った。あと0.5ヤード行ってくれればよかったのに〜」と無邪気に悔しがった。
 次戦は2週間後の『サントリーレディス』だが、“ヘッドフォン”よりも欲しいものは、憧れの宮里藍とのラウンド。「楽しみにしてます。最終日に上を方で一緒に回れるように自分が頑張る」。昨年の『サロンパスカップ』の予選ラウンドで初めて同組に。初日は緊張からか“82”を叩いたが、2日目に大会コースレコードタイ(65でアマチュアの公式戦最小ストローク記録)を出したが、次の邂逅(かいこう)があるとするなら、どんなことが起こるのだろうか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>