31日からの週間天気予報。

写真拡大

きょうで5月も終わり、あすから6月に入ります。5月は二十四節気の「立夏」があり、暦の上で夏が始まる月でした。夏は「初夏」「仲夏」「晩夏」と分けられ、5月は「初夏」、6月は「仲夏」、7月は「晩夏」にほぼ相当するようです。6月「仲夏」は田植えを始めるところが多く、蛍や紫陽花などの水に関わりがある動植物を目にする機会が増える時期です。

6月3日(水)からは前線が本州付近に停滞しやすく、西日本と東日本でくもりや雨の日が多くなりそうです。本州でもそろそろ梅雨の季節がやってくるかもしれません。

(気象予報士・中村 美公)