女性特有の不調は総合的な内科よりも婦人科で診てもらった方が安心できます。しかしほとんどの女性が婦人科に対して“不安”や“ハードルの高さ”を感じているようです。そこで今回は婦人科がどんなところなのかをご紹介しましょう。

女性をトータルケアしてくれる婦人科

婦人科は女性の身体を専門的に診る診療科目のこと。生理前にあらわるPMSや生理痛、不正出血、更年期といった女性のカラダやココロにあらわれる不調を総合的にみてくれる場所でもあります。いつもより経血量が多い、排卵時に下腹部が痛い、いつもよりもイライラする……といった女性特有の不調があらわれはじめたときは、婦人科に相談してみましょう。それだけではありません。なかなか治らない肌トラブル、どうしようもない足のむくみ、頻繁に起こる頭痛といった症状も女性ホルモンと関係していることがありますから、このような症状でも婦人科に相談してみる価値があるのです。

受診から検査までの流れ

まずは病院選び

気になる不調があらわれたら、まず家から近い婦人科を探しましょう。職場の近くも良いですね。もうひとつ、女性医師のほうが相談しやすいという場合は女性医師のいる婦人科を選びましょう。実際に婦人科を受診する前に、医師に相談したいことや症状について簡単にまとめておきます。事前に電話相談したり、予約を入れておけばもっと安心です。最近はメール相談を無料で受け付けている婦人科もあります。

診察前の注意事項

当日は、顔色が分かるようにナチュラルメイクで行きましょう。基礎体温をつけている方はその記録も持参します。もし検査することになっても、すぐに着替えられるようにゆったりとしたスカートを履いておきます。ストッキングやタイツよりも靴下のほうがスムーズです。また婦人科で健診や検査を受けるのであれば、月経中は控えるだけでなく、前日のセックスも控えます。内診の妨げとなる場合もあるからです。

いざ診察

診察室に入ると、最初に問診が行われます。生理周期や生理日数、性交渉の有無、初経の年齢など、簡単な質問に答えていきます。普段から基礎体温をつけていれば、非常に役立ちますからつけていない人は明日の朝からつけましょう。どんな症状かにもよりますが、生理や子宮などに問題がある場合、腹部にしこりがないか触診をしながら、内診をしていきます。さらに医師が手袋をつけて膣内に指を入れ、子宮や卵巣の様子を診断することもあります。あとは、症状によって適切な検査を受け、総合的に調べていきます。これが婦人科を受診する際の一般的な流れ。

皆さんが怖がっている“内診”も、リラックスした状態で受ければ2〜3分で終わります。不調をそのままにしておく方がよっぽど危険だということを忘れてはいけません!女性特有の不調があらわれたときに不安のあまりに、そのまま放置する人も多いとか。しかし、早めに婦人科を受診することによって早期発見・早期治療が可能となり、最悪な事態を未然に防げることができるのです。また、たとえ調子が悪くなくても、定期的に婦人科検診を受診し、身体の状態を確認しておきましょう。大人の女性にとってかかりつけの婦人科を持つことは健康管理の1つです。


writer:山口 恵理香