Doctors Me(ドクターズミー)- 飲み過ぎ注意!生理痛は"お酒"で悪化する!?

写真拡大

禁酒とまでいかなくても、量はほどほどに

普段からお酒が大好き、という女性は少なくないと思います。 仲間と飲みに行ったり、勤め先の飲み会、あるいは帰宅後の晩酌が何よりの楽しみ、という方もきっと多いでしょう。

たしかに、大人のストレス発散法として問題はないのですが、女性の方の場合気をつけなくてはならないのは生理中の飲酒です。生理中のアルコール摂取は、程度によってはあのつらい生理痛を悪化させてしまうことがあるのです。 とはいえ、ほんの少量であればむしろ、体を温めて血管を開き、血流を改善してくれるので生理痛を緩和してくれることもあるので、禁酒しなくてはいけない、というわけではありません。お湯割りなどで少量をたしなむ分には問題ないでしょう。

適量を超えてしまうことが、問題

適量を超えてしまうと痛みに関して、通常より敏感になってしまい、生理痛をより強く感じてしまうことになります。また、生理中は体が普段よりも休息モードになっていますから、アルコールを多量に身体に取り込むことは肝臓への負担がいつも以上に大きくなります。また、アルコールは肝臓で分解されるときにビタミンBやマグネシウムをたくさん消費してしまうので、これらの物質が血中で不足してしまうことで、ホルモンバランスがより不安定になったり貧血傾向が強まったりする場合があります。

また、もともと生理痛が重く、鎮痛剤を手放せないというような方はアルコールと鎮痛剤の相互作用の問題もあります。 お酒とお薬の併用は体に大きな負担をかけますので、お薬を飲む場合はしばらくアルコールは控えましょう。

気分の落ち込みやイライラを増幅させる可能性も

実際にお腹が痛む生理痛に加えて、生理前、生理中はホルモンの関係でどうしても精神的にも不安定になりやすいものです。 イライラしたり、落ち込んだり、逆に涙もろくなったり、物事に集中しにくくなったりすることがあります。

医師からのアドバイス

アルコールは過剰に摂取すると、酔いがさめた後に気分の落ち込みやイライラ感を強めてしまうことがあります。 飲むとおいしくて楽しいお酒ですが、生理中は控えるか、いつもより注意して楽しむようにしてくださいね。