<ショップライトLPGAクラシック 2日目◇30日◇ストックトン・シービュー・ホテル&GC ベイC(6,177ヤード・パー71)>
 米国女子ツアー「ショップライトLPGAクラシック」の2日目。初日56位タイと出遅れた上原彩子が8バーディ・1ボギー・2ダブルボギーと出入りの激しいゴルフながら“68”をマーク。スコアを3つ伸ばしトータル2アンダーで11位タイに急浮上した。
 上原は「ダボを打ってから流れが悪くなった。でもたくさんバーディーが取れた」とスコアを伸ばしで2日目を終えたことに安堵。この日は「パットが入ってくれて良かったです」とパッティングが良く、プレーが噛み合い8つのバーディを量産。7番と15番、2つのパー3でダボがあったが、一躍トップ10が狙える位置まで持ってきた。
 「バーディーがたくさん取れているのは明日につながると思う」とこの日のプレーに手ごたえを感じた上原。「少しでも上に行けるようがんばります」と明日はさらに上位を狙いにいく。
 宮里美香はこの日スコアを伸ばせずイーブンパーのラウンド、上原と並びトータル2アンダー11位タイで最終日へ。
 宮里は序盤、我慢のゴルフを続け8番でバーディが先行。11番でもチップインバーディを奪うが、16番でダボを叩くなど「後半に出入りの激しいゴルフになったのが悔いが残る」と悔しい結果に。
 「良いイメージがあるコースなのでちゃんと守りと攻めをやって1つでも少ないスコアで回ること」が目標だと話した宮里。明日は1つでもスコアを伸ばし、上位に食い込みたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>