Doctors Me(ドクターズミー)- "恐怖の記憶"にしないために…子どもの歯医者選び3つのポイント!

写真拡大

■ ポイントを押さえて間違いない歯科選びを

子どもの歯に虫歯ができたとパニックになり受診される母親は少なくありません。大人でさえできれば行きたくない歯医者ですから、子どもならなおさらのこと…。
子どもにとって歯医者での経験が“恐怖の記憶”とならないよう、

・歯医者選びの3つのポイント
・親が注意すべき3つのポイント

をお伝えします!

■ 子どもの歯医者選びの3つのポイント

1:説明が丁寧でわかりやすい
患者の目線でわかりやすく説明してくれるのはもちろんのこと、治療のメリットとデメリットも話してくれるとなおよいでしょう。

2:子どもの将来を見据えた治療をしてくれる
子どもの虫歯の原因は生活習慣によるものが多いため、正しい食生活やブラッシング法、咬み合わせなども考慮に入れた治療をしてくれる医師を探しましょう。

3:子どもの扱いに慣れている
必要な場合を除き、いきなり治療に入るのではなく、子どもの協力や成長度合いに合わせた治療計画を立ててくれる。個人差はありますが、5歳位になれば理解力が増すため、歯の大切さや正しい知識を子どもに伝えることができるでしょう。

■ 実際に行くとき、親が注意すべき3つのポイント

1:午前中の来院がオススメ
親の不安を子どもは敏感に感じ取ります。予約や来院は子どもの機嫌のよい時間を選ぶことです。眠たい時間や空腹時を避けることを考慮に入れると、午前中の来院がオススメです。

2:きちんと心の準備を
予約日が決まったら、そのことを子どもに伝えて心の準備をさせてあげます。くれぐれも「痛くないよ」「今日は見てもらうだけ」など、その場しのぎの嘘を伝えないでください。また「罰として歯医者に連れて行くよ」などと普段から脅したりするのもやってはいけないことです。

3:褒めてあげよう!
そして最後は、治療後にきちんと褒めてあげることです。褒められると子どもは自信がつき、次も頑張ろうと意欲がわきます。

■ 歯科医師からのアドバイス

子どもの歯は成長過程にあり、一番虫歯になりやすい時期です。一度きりの受診ではなく、定期的に受診し、管理することも今後の健康な成長にとても大切なことといえるでしょう。