Doctors Me(ドクターズミー)- する気になれない…女性の性欲低下は【7つの理由】があった!

写真拡大

■ 1:ストレス

毎日、仕事や家事、育児に追われていて、余裕がなく、ストレスを感じていませんか?
ストレスを感じてしまうと、女性の場合性欲が低下します。ストレス解消の方法を見つけてみましょう。

■ 2:アルコール

お酒をいっぱい飲んで、ストレス解消して性欲を取り戻そうと考えたあなた。残念ながら、過度にアルコールを飲むことは逆効果になります。アルコールは、中枢神経(脳)に作用する薬物の一種。過度の飲酒を続けると、性欲を低下させてしまうのでお酒はほどほどに。

■ 3:睡眠不足

睡眠不足だと疲れが溜まりますよね。疲れが溜まると、「疲れていて面倒くさい」と感じて性欲が低下します。

また、家族やパートナーに睡眠中「呼吸が止まっている」と言われたことはないですか?
朝起きたときすっきりしていない感じはないですか?
日中、ひどい眠気に襲われることはないですか?

このような症状が当てはまった場合、睡眠時無呼吸症候群が考えられます。この病気でも、性欲は低下する場合が……。こちらの病気は治療が必要ですので、当てはまるようでしたら、近くの内科に相談しましょう。

■ 4:更年期

約半数の女性が、アクティブな性生活を維持することが重要であると思っていても、更年期に性欲が減退したと報告しています。
更年期になると膣が乾き、そのため性交痛が生じることがあります。しかし、潤滑油を使う方法や治療も可能なので、近くのお医者さんに相談してみましょう。

■ 5:うつ病

うつ病になると、性欲の低下だけではなく、不眠、食欲の低下なども引き起こすことがあります。うつ病は治療が必要です。しかしながら、うつ病の治療薬の一部も性欲を低下させるのも事実です。いずれにせよ、早期治療が重要になります。

■ 6:甲状腺機能低下症

甲状腺から血中に分泌される甲状腺ホルモンは、全身の代謝を活発にする作用があります。その甲状腺の機能が低下すると全身の生理活動はスローダウンしやすくなり、その症状のひとつとして性欲減退が現れるのです。

■ 7:内服薬による影響

高血圧の薬や、うつ病の薬、アレルギーのための抗ヒスタミン薬、避妊薬、鎮痛薬などの一部も、性欲を低下させる可能性があります。