「スカートを履かない」女性用ピクトグラム

写真拡大

男性はズボンで、女性はスカート。昔から、世界中のどこに行っても変わらないトイレのピクトグラムは、本当にそのかたちである必要があるのだろう? そう考えたロンドンのデザインスタジオがつくり出したのは、「スカートを履かない」女性用ピクトグラムだった。

「「スカートを履かない」女性用ピクトグラム」の写真・リンク付きの記事はこちら

最近、空港でトイレを探したときのことを思い出してほしい。

入口は2つ、それぞれにピクトグラムが描かれている。お尻が細いのが男性用で、Aラインのドレスが女性用。あなたはいちいち気にせずに、どちらかを選んだはずだ。このピクトグラムは重力と同じくらい自然でわかりやすく、間違える人なんていやしない。

でも、だからといって、これがとりわけ優れたデザインだというわけではない。オーストリアの社会学者オットー・ノイラートがこのピクトグラムを開発した1930年代と比べて、女性たちは明らかに、ズボンを履いて過ごすようになっている。

ロンドンのデザインスタジオ「SomeOne」は、このスカートのピクトグラムをリデザインした。彼らが描くのは、従来使われてきたドレスではなく、2本の足で立つ女性の姿。男性は足を広げて立ち、女性は足を揃えて立つ。まったく同じ素材を使って男女の区別をエレガントに表現しており、どちらが男性でどちらが女性かも疑うことはない。

これはもともとSomeOneがユーロスターの車内トイレ用にデザインしたものだが、それからというもの、彼らには同様のデザインの依頼が舞い込んできたという。

価値観の変化とともに

「男女に関するステレオタイプが固定化され、長い間変わっていないのは実に興味深いことです」と、SomeOneの共同創立者でクリエイティヴ・ディレクターのサイモン・マンチップは、スタンダードとなっているトイレのピクトグラムについて言う。彼にとって、それはむしろ古い考えである。

そうして2011年、ユーロスターがブランドイメージを一新するためにSomeOneに相談をもちかけたとき(ユーロスターは新しいデザインに7億ユーロを投資した)、マンチップは「ドレスを着た女性」という古びたクリシェに挑戦したのだ。

さらに2014年、グローバル決済企業ワールドペイが新しいデザインを探していたときに、SomeOneはまた新たなピクトグラムをつくり上げた。

WorldPayのためにデザインしたピクトグラム。

これらの新しいデザインをつくるまでに、SomeOneは男女を表すさまざまな図像をつくり出してみた。「スカートを履いた女性」というありふれたデザインからもっと中性的なキャラクターまで、幅広く試したのだ。

「わたしたちは男性・女性の手掛かりとなるものをどんどんそぎ落としていき、それからもう一度、男女の特徴を付け加えてみたのです。だから、(ユーロスターのデザインでは)髪の毛が少し短くなっているのがわかるでしょう」とマンチップは言う。

しかし不思議なことに、ピクトグラムにしてみると(男女を分ける重要なポイントのひとつであるはずの)髪型も目立たない。それは二次的な手掛かりに過ぎず、足の開き方こそが大切な目印となった。したがってワールドペイのトイレ標識では、髪の毛は描かれていない。

社会的に見れば、シンボルというものは常に新しく変えられていくべきだ。「トイレを区別するのにスカートなんていりません」とマンチップは言う。誰もが同じ大人であるのだから。

(関連記事)排卵期予測アプリ「Clue」がピンクを使わない理由

TAG

GenderRedesignToiletWIRED US