<KYORAKU MORE SURPRISE CUP2015 2日目◇30日◇涼仙ゴルフ倶楽部(7,040ヤード・パー72)>
 国内シニアツアー第2戦「〜シニアを元気に!!〜 KYORAKU MORE SURPRISE CUP2015」の2日目。初日、首位に立った崎山武志が、この日6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“70”でラウンド、トータル8アンダーまで伸ばし首位を堅守、今季初優勝に王手をかけた。
国内シニアツアーをフォトギャラリーでチェック!
 強風が吹きつけ、難しいコンディションとなった大会2日目。そんな中、2位に2打差でスタートした崎山は1番をボギーとしてしまい不安な立ち上がりとなった。しかし、続く2番で約8メートルをねじ込みすぐさま取り返す。その後は3つバーディを重ね前半9アンダーで折り返した。後半では11番でティショットを曲げてOB、ダブルボギーとしてしまう。それでも14番バーディ、そして最終18番でもバーディとしトータル8アンダーでフィニッシュ。2位との差を3打に拡げ2日目を終えた。
 「こういうコンディションですので、アンダーパーで回れれば、100点に近いかなと」と納得のラウンドとなった2日目。ただ、3だのアドバンテージも「3ストロークというのはあってないようなもの」と気を引き締める。最後に「早く明日終わっておいしいお酒を飲みたいですね」と希望を口にし会場をあとにした。
 3打差のトータル5アンダー2位にはフランキー・ミノザ(フィリピン)。続くトータル4アンダー3位タイには井戸木鴻樹と田村尚之の2人が並ぶ。さらに福澤義光、山本昭一、芹澤信雄の3人がつけた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>