M・プレッセル、上がり2ホールで3つ伸ばし単独首位に (Photo by Hunter Martin/Getty Images)

写真拡大

<ショップライトLPGAクラシック 初日◇29日◇ストックトン・シービュー・ホテル&GC ベイC(6,177ヤード・パー71)>
 ストックトン・シービューホテル&ゴルフクラブのベイコースで開催されたショップライトLPGAクラッシックの第一ラウンドは、ツアー2勝のモーガン・プレッセルが“66”の5アンダーをマークし首位に立った。プレッセルと1打差の位置には5人の選手がつけている。プレッセルはこの日、1イーグル。5バーディ・2ボギーでラウンド。上がり2ホールではバーディ、そしてイーグルでフィニッシュ、5アンダーとなった。彼女にはいくつかのミス見られたものの、最後は力強く決めることができて安堵していた。
米国女子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 「大きなトラブルはあまりなかったわ」と振り返ったプレッセル。「ベストな試合だったとは言えないけど。いくつかミスがあったと思うし、すべてが良かったわけではないけれど、8番でバーディ、最終ホールでイーグルが出せた。本当に助かったわ」
 
 プレッセルはこの日14番、6番でボギーを出したが、どちらもスコアを落とした2ホール後にバーディを決めた。「今日は2つしかボギーを出さなかったわ」とプレッセルは語った。「いいボギーではないけれど。ボギーにしてしまうべきではなかったけど、明日はあの様なミスをなくしてバーディのチャンスを作り続けていければいいと思うわ」。
 1打差の4アンダーには、メジャーを制覇したアンナ・ノルドクビスト、アメリカ勢のシドニー・マイケルズとライアン・オトゥール、カナダのアレーナ・シャープ、そして2015年のルーキー選手、ミン・リーが控えている。
 
 前回覇者のステイシー・ルイスは最終ホールの9番でイーグルを出し、この日1オーバーで56位タイとなった。ロレックスランキング2位のインビー・パークは71のイーブンパーで、40位タイにつけた。2週間前のキングスミル選手権で棄権して以来の復帰戦となったミシェル・ウィーは3オーバーの74で95位タイとなった。
※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>