お腹がポッコリ出てきたから腹筋を鍛えようと言う話はよく聞きますが、腹筋とともに背筋を鍛えると猫背やポッコリお腹の改善に効果があると言われています。背筋は日常生活では使われない筋肉です。そのため、筋肉が弱くなりがちですし、年をとったり、猫背など良くない姿勢でいたりすると背中に脂肪がついてきます。背筋を鍛えるエクササイズを今日から始めて綺麗な体のラインを目指しましょう。

背筋を鍛えるエクササイズ

壁押しエクササイズ

オフィスでも家庭でも手軽にできるエクササイズです。

壁から30cmほど離れて経ちます。壁に両手をつけて腹部を壁につけるようにしながら上半身を後ろに反らせます。顔を右に向けて、ゆっくり10まで数えます。次に左に顔を向けてゆっくり10まで数えます。

スワンダイブエクササイズ

背筋を鍛えるためにピラティスで行われるエクササイズに「スワンダイブエクササイズ」があります。やりかたは、

床にうつ伏せになり手は肩の横に置き、手のひらを床に付けます。ゆっくりと上半身を上げてそらすようにします。このとき手の力に頼らずに、背筋を使って起きるようにします。背筋を使いながらゆっくりと床に体を戻します。

タオルエクササイズ

タオルを両手で持ちます。肩幅より少し外側の位置に両手を置きます。両手をまっすぐ上に挙げます。肩甲骨をくっつけるようにして、頭の後方に両手を下ろします。

ペットボトルエクササイズ

ペットボトルに水を入れて、両手に持って行うエクササイズ。ダンベルがある人は同じ要領で行ってください。

膝を少し曲げて腰を低くします。上半身を前に傾けますが、顔は正面を見て胸を張ってください。肘を曲げて直角になるまでペットボトルを持ちあげ、肩甲骨を寄せます。

ご紹介したエクササイズは朝起きたときや外出から戻ってすぐなど時間を決めると継続できます。できれば3セット以上、体に無理な痛みがない程度に行いましょう。


writer:松尾真佐代