©2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会

写真拡大

5月23日に松田翔太さん&前田敦子さん主演で映画「イニシエーション・ラブ」が公開されました!この作品は、乾くるみさんの大ヒット小説『イニシエーション・ラブ』(原書房/文春文庫刊)を映画化したもので、映像化は無理! と言われていた作品です。

筆者は原作の大ファンだったので「映画化される」というニュースを聞いたときはとても驚きました……。

一見どこから見ても甘〜く切な〜い普通の恋愛小説なのに、最後から2行目で、全く違った物語に変貌してしまう、傑作ミステリーとも言える『イニシエーション・ラブ』。

小説ならでは、小説だからこそ(強調)使用できたはずのトリックなのに、映像化で一体それをどう表現したのだろう!? この目で確かめなくては!! と、変な正義感にかられ、さっそく映画館に向かいました。今回はその模様をレポートしたいと思います。

映画『イニシエーション・ラブ』の満足度は?

そもそも『イニシエーション・ラブ』はどんなお話?

このお話の舞台は「ハイレグ」や、「男女7人夏物語」が流行した80年代の静岡と東京で、Side-Aと、Side-Bの2編で綴られるラブストーリーです。

主人公は「鈴木」と言う名の、真面目で純真な大学生。彼は、代打で参加した合コンで「繭子」という歯科助手の女の子と出会い、紆余曲折を経て、無事カップルになります。

繭子のアドバイスで、ポッチャリしていてちょっとダサかった鈴木君は、メガネをコンタクトにしたり、車の運転免許を取得したり、髪型を変えたりと、少しずつ外見も内面も変化していきます。ドキドキの初デートや鈴木君の妄想が微笑ましく、思わずニヤニヤしながら見てしまうのが「静岡編」<Side-A>です。

Side-Bでは、就職して鈴木が東京に行くことになり、静岡と東京で遠距離恋愛になる様子が描かれています。始めは休みの度に繭子に会いに静岡に来ていた鈴木ですが、東京のデキる女・「美弥子」の出現で、いつしか二人の関係はギクシャクしてしまいます……。二人の関係が微妙に変わっていく様子が描かれているのが「東京編」<Side-B>です。

Side-A、Side-B共に「うんうん、あるある!」と思わずうなずきながら読んでしまう、ときに甘〜い、ときにほろ苦〜い、本当に普通の恋愛小説なのですが、それが実は、物語の最後の最後で、とんでもない秘密が隠されていたことが明らかになります!

果たして映画はどうだったのか!?

原作を読んで映画に行った筆者は、映画を見る前は正直、「小説のからくりは知っているしな……。本当に楽しめるかな? 期待を裏切る騙しのテクニックを使われたらどうしよう。途中で寝ちゃわなければ良いけど」と、大変失礼なことを思っていました。

ですが、結果!!!!

大変面白かったです。ビックリしました。予想以上でした。

まず、使われている音楽が素晴らしかったです。80年代をほとんど知らない筆者でも、思わずノリノリになってしまうような明るい曲が次々にかかり、まるでミュージカルを見ているような感覚になりました!

帰宅してから調べると、冒頭に流れていたのは『男女7人秋物語』の主題歌だった森川由加里の「SHOW ME」。ラブラブの鈴木と繭が描かれているSide-Aでは、小椋佳の「揺れるまなざし」や1986 OMEGA TRIBEの「君は1000%」などが使われていたようです。

二人の関係にヒビが入り始め、心がざわつき始めるSide-Bでは、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」、研ナオコの「夏をあきらめて」、寺尾聰の「ルビーの指環」など、少し冷ややかで大人な雰囲気の曲が使われていたのだとか。

また、今ではほとんど見られない80年代アイテムにも心奪われました!

今でこそスマホがありますが、携帯がない時代に恋人たちは「黒電話」を使っており、ダイヤルを回して連絡をとっていました。遠距離恋愛が始まってからは、すごい勢いで度数が減る「テレホンカード」を使用していた模様です。また、音楽を聴くときは「カセットテープ」で!

前田敦子さん演じる「繭子」の部屋には「輪ゴムすだれ」が下がっており、部屋には「ハイレグ水着」も飾られており、衝撃を受けました。
車は「ミラクオーレ」や「スターレット」が走っていました。

また、「クリスマスには本当に高級ホテルに泊まっていたんだ……!予約は半年前から争奪戦って本当だったんだ!」など、今とは異なる時代風景を眺めるのも、とても衝撃的で楽しかったです。小説を読むだけでは、これらのものを実際に想像することしかできなかったので、映像で見て「うわ〜〜〜!! 80年代も楽しそう!」とテンションが上がりました。

最後の大どんでん返しは!?

小説では、最後から2行目で、全く違った物語に変貌してしまった『イニシエーション・ラブ』ですが、映画ではもう本当にさすが! と言いますか、映画ならではの騙しのテクニックがいとも自然に使われていました。

変な小細工も一切なしで、原作ファンを全く裏切ることなく、最後の5分まで、自然に普通の恋愛映画のように、ストーリーが進んでいきました。

前田敦子さん演じる「繭子」のくるくる変わる魅力的な表情・そして次々変わる洋服に、女である筆者も悩殺されてしまうのはもちろんのこと、松田翔太さん演じる「鈴木」の格好良さも半端なくて、小説を読んでいる時には「こんな恋愛、ちょっと現実では想像できない。怖い!」と思っていたのですが、映画を通して時代背景と共に彼らの心の中をゆっくり想像してみると、「現実でも、もしかしたらそこら中にあるのかもしれないなあ……。だって、松田翔太さんは格好良いし、前田敦子さんはめっちゃ可愛いもんなあ……。しょうがないよなあ……」と思ってしまいました。個人的には、原作よりわかりやすく、とても丁寧に作りこまれている映画である印象を持ちました。

おっと、ネタばれはNGだと映画の中でも忠告されましたので、書けるのはここまでです(笑)。

映画最後の5分、原作を知っていても知らなくても、きっと見ている方はみんな、冷や汗がでて思わず震えてしまうはず! そして、もう一度事実を確認しに、映画館に向かいたくなるかもしれません。

「イニシエーション・ラブ」は日本語で「通過儀礼としての恋愛」という意味です。誰もが一度は、恋に恋をして、相手の一挙一動に振り回され、周りが見えなくなっちゃう恋愛をすることがあるかと思います。でもその時、相手もまたそんな心境でいるとは限りませんよね? 恋愛って、ある日突然、地獄へ突き落とされる瞬間って、ありますよね?

このお話で、一番悪い人は、一体誰なのでしょうか?
ぜひ映画館に行って、確かめて見て下さいね!