マツコ・デラックス

写真拡大

28日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)でマツコ・デラックスが、ゲスト出演したふかわりょうの擁護に回る一幕があった。

番組では「マツコがふかわを語るSP」と題して、ゲストにふかわを迎えた。

ふかわはスタジオのアウト軍団から、終始毒舌コメントの総攻撃を浴びることになった。

司会の矢部浩之がフリップでこれまでのふかわの活躍を紹介すると、大鶴義丹が「ムカつかれるのが嬉しんでしょ?」とコメントし、坂上忍も「敬語使ってくれてるのに、上から目線を感じるんだよな」と、ふかわの印象を語り大きな笑いが起きた。

すると、早くもふかわは「マツコさん分かりますよね?僕それじゃないってご存知ですよね?」と、マツコに助けを求めた。マツコはふかわを「この段階での結論はそれで良い」と諭すと、ふかわを「可哀想な人なのよ」と評し、アウト軍団に訴えかけた。

ふかわは、人をイラッとさせるその態度も、音楽活動を始めたり、芸風を変えたりするのも「計算ではない」と説明する。これにマツコは「そうなのよ。この人ね、何にも計算しないで、この仕上がりなの」と付け加えた。

その後もほかの出演者から追い詰められたふかわは「真実を分かっているのはマツコさんしかいない!」とすがりつく始末だ。

番組では、ふかわが出川哲朗からの「ポスト出川」任命を辞退したエピソードも紹介された。これもマツコによれば、イジられるのが嫌で断ったのではないという。「この人は『そんなことを自分ができるほど面白くない』って思ってたのよ」と解説した。

しかしふかわは、世間から「イジられるのが嫌で断った」と思われていたことを初めて知ったと驚いてみせた。そんな鈍感なふかわに、今度はマツコは驚いていた。

誤解され続けてきた人生に肩を落としたふかわだったが、マツコは「それで良い」「『皆さん、どうぞ勘違いしてください』って。『癇(かん)にさわる言葉も言っちゃう人間ですよー』でいいじゃない」と、ふかわのありのままのすがたを肯定してみせた。

【関連記事】
マツコ・デラックスが“オナラの作法”を語る「『5時に夢中!』ならしちゃう」
ふかわりょうが栗田貫一に果敢に切り込む「モラハラに関してどうですか?」」
マツコ・デラックスが宝くじ売り上げ減少の理由を分析「当選金で買えるものが減ったから」