もうすぐ来る梅雨の時期にかけて発生するものといえば“食中毒”。特にこの時期に多いのがバーベキュー翌日の食中毒……。食中毒にならないためには、きちんと予防法を身につけておく必要があるのです。今回は家庭でできる食中毒の予防法3つをご紹介します。

食中毒を防ぐための基本中の基本!

気温と湿度が高くなる梅雨から夏にかけては、いつも以上に、食中毒に気をつけなければいけません。食べ物から変なニオイや味を感じたら、無理やり食べるのではなく、すぐに処分しましょう。この時期「もったいない」は禁物です。

食中毒の予防法は3つ押さえて

購入するときは、鮮度の高いものを

食品を購入するときは、きちんと裏面の賞味期限をチェックして、鮮度の高い商品を選ぶようにしましょう。特に生鮮食品を買うときは“新鮮さ”にこだわって。さらに。生鮮食品を購入したら、できるだけ早めに帰宅し、冷蔵庫などで速やかに保管するようにしましょう。夏場はあっという間に菌が増殖してしまうため、鮮度を保つ工夫が必要です。ばったり会ったご近所さんと立ち話なんてしていたら、その間に食中毒のリスクがどんどん高まります。

手洗い、調理器具の洗浄は必須

調理の前の手洗いは、石鹸やアルコールスプレーをつかって徹底的に行いましょう。また、調理を始めるときには、調理器具(特にまな板)に熱湯をかけると消毒になります。調理後は必ず道具をきれいに洗浄し、水気をしっかり拭き取って乾燥させましょう。定期的に日光に当てることも除菌になりますし、煮沸消毒もオススメです。調理器具用のアルコールスプレーを活用するのも一つですね。

道具を使い分ける

まな板や包丁は肉・魚用と生鮮食材用と2つに分けておきましょう。特に生肉には100%食中毒菌が潜んでいると認識し、やむなく同じ道具を使用する場合はせめて野菜類を先に調理するように心掛けましょう。調理器具は流水で洗っただけでは殺菌になりません。肉類の調理に使用したら、その都度殺菌効果のある洗剤で洗い流しましょう。火を通した食材であっても、まな板や包丁が殺菌できていないと、食中毒を起こす可能性がありますから油断禁物です。

夏は他の季節に比べて食中毒が起こりやすくなります。時間のあるうちに対策を講じておきましょう。バーベキューではきちんとトングを使うことや、鮮度を意識して楽しみましょう。


writer:山口 恵理香