28日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系)で、お笑い芸人・松本ハウスの松本キックのダメっぷりを妻と相方のハウス加賀谷が暴露した。

番組では1990年代の人気バラエティー「タモリのボキャブラ天国」(フジテレビ系)などで活躍した松本に対して、妻が憤っているとのことでサンドウィッチマンのふたりがその憤りを沈めるために自宅を訪ねた。

松本の妻は現在の松本を「真剣じゃない」と指摘し「(お笑いを)死ぬ気でやれ!」と激しい口調で怒りをぶつけた。さらに松本の妻は、松本が今は「ダラダラしている」と明かすと、伊達みきおは「(松本ハウスは)若い頃からどーんと売れましたからね」と松本をフォローしたが、「でも売れて、落ちましたよね、で今は底辺を…」「いつ芽が出るんだと」と、厳しいダメ出しをした。

さらに同世代のくりぃむしちゅーや爆笑問題はMCをやっていることに触れて「やるのか、やらないのか、お前はどっちだ!」と、芸歴25年目を迎えても真剣に芸をやらない夫にイライラが隠せないようすだった。

そのイライラの原因は、松本がネタを作るといっても作らず、後からできてないとなるためで「知らねーよ、さっき遊んでたからだろお前!」と憤った。さらに松本のプライドの高さを指摘し、若手と打ち解けて今の流行を取り入れるべきだと指摘した。

その後、松本本人も登場して、ボキャブラ時代に仲が良かった芸人について訊ねられると、当時の収録現場のようすを語り、仲がよかった芸人の名前は出てこず、社交性がなかったことを明かした。

さらに番組には加賀谷も登場し、松本はいつも正座させられて妻に怒られていることや、過去に結婚指輪を失くした際に、指輪を見つけた加賀谷の元に泣きながら「殺されるとこやった〜」と取りに来たというエピソードを暴露した。

また、松本のネタ作りについても、出演舞台の当時であったり、しかも完成していない状態のネタだったりと加賀屋から暴露され、松本の妻も改めてこの真実を松本に突きつけた。

結局、妻と加賀谷のふたりから怒りをぶつけられてしまった松本は、ネタを早めに作るように徐々に改善していくと決意表明した。これを聞いた松本の妻は「これで変わらなかったらまたよろしくお願いします」と冷静な口調で伊達に訴えていた。

【関連記事】
爆笑問題・田中裕二が福田萌の学歴ネタ炎上に呆れ「くっだらね」
有田哲平がお笑い芸人かんちゃまのリズムネタを絶賛「小島よしおの再来」
元サッカー日本代表・前園真聖氏が本田圭佑のイジられキャラを暴露