Doctors Me(ドクターズミー)- つらい偏頭痛の予防に有効な“頭痛体操”ってなに?

写真拡大 (全2枚)

日本人の約8.4%が偏頭痛を経験

偏頭痛発作とは4〜72時間続く、片側の拍動性頭痛が一般的とされていますが、両側性非拍動性の発作も存在し、頭痛のせいで日常生活に支障をきたしてしまうことが特徴です。

嘔気を伴ったり、感覚が過敏になりすぎてしまったり…、中には階段を上る程度のことで、頭痛が増強してしまうこともあるほどです。そんな頭痛が仕事中や大切な時間に起きてしまっては、大変な支障をきたしてしまいますよね。

片頭痛に有効な"2つの療法"と、予防として知っておきたい“頭痛体操”をお教えします。

療法1:頓挫療法

頭痛発作の起こった時に症状を治める療法です。鎮痛剤の使用をもって行います。

その鎮痛剤の上手な使用方法として、発作が生じたらなるべく早くに使用することが、薬剤の効果を十分に発揮しやすくさせて頭痛の強度を上げないために大切なポイントとなります。つまり、少しでも発作用の症状が出たら、我慢せず素早く鎮痛剤を用いましょう。

療法2:予防療法

頭痛発作を起こりにくくし、起こったとしても軽くすむようにする方法です。

頭痛発作の回数を半分以下に減少、さらに頭痛の強度には個人差があるものの、日常生活に影響しない程度にまで、抑えることができるとの報告があります。この予防療法には
・頭痛体操
・Ca拮抗薬
・β遮断薬
といったものがあります。

偏頭痛の予防に有効な“頭痛体操”にトライ!


以下のステップを行うだけで症状を改善することができます。目的は、肩と首の筋肉をほぐすこと。まずは、手軽に行える、この頭痛体操を習慣化することから始めてみましょう。

ステップ1:
首を大きくまわす事を左右とも5回ずつゆっくり行う。

ステップ2:
両ヒジを軽くまげて肩を中心にヒジを大きく外側に、6回ずつまわす。肩の筋肉がゴリゴリといったらしめたもの。

頭痛と上手につきあうことが大切

頭痛をなくすことを求めすぎることは得策ではありません。
うまく偏頭痛と付き合っていけるようにしてみましょう。頭痛のせいで1カ月に10回以上の市販薬であれ鎮痛剤を使用する方は、病院へ受診して予防療法を行うことで、生活の質が格段に向上すると思われます。

(監修:Docotors Me 医師)