写真提供:マイナビニュース

写真拡大

5月30日〜31日に東京・ベルサール秋葉原で開催されるバンダイの大人向けコレクターズアイテムの祭典「魂の夏コレ 2015」にて、アクションフィギュアシリーズ「S.H.Figuarts」真骨彫製法の第5弾となる、『S.H.Figuarts 仮面ライダー ディケイド』がお披露目された。2016年発売予定で、価格は未定。

「S.H.Figuarts」の真骨彫製法は、スクリーンの中で活躍するヒーローたちの力強いアクション、その魂の躍動を約14cmの中で再現する「S.H.Figuarts」シリーズの新たな造形技術。表面的でなく骨格から造形を行い、ヒーロー本来の"存在感"とフィギュアとしての"自然な可動"の両立を追求した新製法で、第1弾『仮面ライダーカブト ライダーフォーム』(発売中)、第2弾『仮面ライダー響鬼』(発売中)、第3弾『仮面ライダークウガ マイティフォーム』(発売中)、第4弾『仮面ライダーアギト グランドフォーム』(2015年8月)が発売されている。

『S.H.Figuarts 仮面ライダー ディケイド』は、2010年6月に『S.H.Figuarts 仮面ライダーディケイド 激情態』が発売されているが、今回、真骨彫製法により造形・可動機構を一新。ややマッシブな体形に、「ディケイドライバー」や「ライドブッカー」なども丁寧に造形されている。展示されていたものはサンプルのため、今後さらに造形、シルエット、プロポーション、可動などが追求され、ブラッシュアップしていくと思われる。

さらに、同イベントの「S.H.Figuarts」では、『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』(2015年発売予定)と『S.H.Figuarts 仮面ライダー4号』(参考出品)も初展示。2015年3月に公開された特撮映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』、そして後日譚として描かれた配信ドラマ『dビデオスペシャル 仮面ライダー4号』に登場し、大きな話題となった仮面ライダーが、早くも立体化されている。

「魂の夏コレ 2015」は、5月30日〜31日に東京・ベルサール秋葉原にて開催。