Doctors Me(ドクターズミー)- 暴飲暴食に注意!口のまわりの吹き出物は【胃の不調】が原因?

写真拡大

ふと気が付くとできている口のまわりの吹き出物。治るまでは気になって触ってしまって、余計に治りづらくなってイライラ……なんてことはありませんか。

口は食べ物を咀嚼して消化する消化管の始まりであることから、口のまわりに不調をきたすということは、消化器全般、特に胃の不調が関連しているのではないかといわれています。医学的に証明されている説ではありませんが、確かに暴飲暴食や辛いものを食べた翌日、胃がきりきりしたり、何となく胃が重いなあと感じるときに鏡を見ると、口のまわりに吹き出物が出ているということがあります。

また、胃の調子が悪いと、疲労感や立ちくらみ、ひどくなると貧血のような症状など、身体のあちこちに負担がかかってしまいます。口のまわりの吹き出物が出てきたら、暴飲暴食、過度の飲酒や刺激物(カフェインや極端に辛いものなど)の摂取を控え、胃腸をいたわってあげるといいでしょう。

刺激や乾燥で吹き出物ができる!

口のまわりの吹き出物のもう一つの大きな原因として、以下のような乾燥や物理的な刺激が挙げられます。

・口のまわりは顔の中でも特に乾燥しやすく、皮脂が毛穴に詰まりやすい
・食事や口紅などによって汚れやすい
・汚れなどをナプキンなどでゴシゴシふくことでさらに口のまわりの皮膚を傷めてしまう

これらが重なり、口周りに吹き出物が出てしまうのです。このタイプの吹き出物の対策としては、口の周りを柔らかい温タオルなどで優しく拭い、きちんと保湿ケアをしてあげることが大切です。デリケートな部位ですから、香料などの刺激の少ないワセリンなどを使うとよいでしょう。

また、日ごろからペーパーナプキンなどで乱暴に拭ったり、手でごしごしこすったりするのはやめましょう。

医師からのアドバイス

口のまわりに出る吹き出物は本当に嫌なものですよね。お化粧もしにくいし、口の横に出来ると食べこぼしの様にも見えて本当に憂鬱です。口の周りの吹き出物には、牛乳・乳製品など良質のタンパク質を補って胃を保護してあげたり、野菜や果物などでビタミンを補給して肌の調子を整えてあげたりするのもお勧めですよ。

(監修:Doctors Me 医師)