初めて"世界"という壁を破り、数々の名シーンと興奮を生み出したドイツワールドカップの激闘から4年、再びあの舞台に立つ日が近づいてきた。

 なでしこジャパンは6月8日(現地時間)のカナダワールドカップ初戦を目前に控え、国内で2つの壮行試合を行なった。

 佐々木則夫監督が追い込み合宿の地に選んだのは、日本女子サッカー発祥の地とされる香川・丸亀。地元男子高校生や男子大学生との合同練習や、突如厳しさを増した暑さの中の二部練習など、極限に追い込む6日間だった。

 まず重きを置いたのは守備力。今年3月のアルガルベカップでは守備の乱れから一気にピンチを招き、失点する場面が多く見られた。この合宿では個々のポジション、意識確認を徹底しながら、逃げ切り型の5バック、なかなか馴染めなかった4−1−4−1などのシステムにも時間を割いた。

 24日のニュージーランド戦は本大会初戦の相手・スイスを想定した。やはり注目は代表に帰り咲いた澤穂希(INAC神戸)と、ボランチとしてのパートナー。アルガルベカップから調子を上げてきていた宇津木瑠美(モンペリエHSC)が有力視されていたが、CBとして頭角を現し始めていた川村優理(ベガルタ仙台)が抜擢された。ようやく身についてきた"なでしこ式"の守備で相手と対峙するも、なかなか攻撃までは手がまわらなかった。が、そこは伸びしろとして捉えることもできる。

 そして最大の関心を集めていた澤は、巧みなフェイントでDFをかわしながら、宮間あや(湯郷ベル)の左CKに中央エリアでしっかりと合わせてゴールを決めてみせた。ここぞというときにゴールを決める――澤はその存在感を強烈なゴールで甦(よみがえ)らせた。

 日本唯一となったこのゴールより、澤の完全復活をイメージ付けたのはやはりスライディング。相手が仕掛けに入った際、いて欲しいと思う場所で鋭いスライディングを決めて、敵の進行を止める。この嗅覚こそ澤の真骨頂だ。この動きが出てくれば、攻守において澤のポジショニングは絶妙さを極めていく。初戦のピッチにはそんな澤の姿があった。

 しかし、全体を見れば、リズムのあった時間帯に追加点の形を作りながらも、シュートにまで持ち込めない回数が多かったことと、守備のもたつきは否めなかった。

 第2戦は場所を長野に移してのイタリア戦。この日、秀逸な動きを見せたのはここまでケガで部分的に別メニューを組み込むなど、コンディションが心配されていた阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)だ。澤とのボランチコンビはやはり安定感があった。相手の攻撃を勢いづかせる前にブレーキをかけ、一気に攻撃へ転じる。阪口と攻撃のキーマンである宮間の距離感もよく、「逆サイドへの展開は意識した」と本人が言うように、サイドへの展開も効果的だった。

 そんな中で、意外な起用をされたのが宇津木だ。ボランチではなく左サイドバックだった。彼女が初めてなでしこジャパンに招集された10年前に、期待されたポジションがここ。久しぶりにそのポジションに立った宇津木だったが、果敢にビルドアップを試み、攻撃に関わっていく。

 決勝ゴールの場面では、一度目のクロスボールこそクリアされたが、拾った澤から戻されたボールを、DFのポジションのズレを突いてゴール前に提供、大儀見優季(ヴォルフスブルク)がDFの一歩先行くアウトサイドで決めた。まだまだ合わせるべき呼吸はあるが、このゲームにおいてのやるべき責は果たしたと言える。

 全体的には、気を配っていたはずの前半にバタつきがあったが、徐々に改善はされつつある。なかなか絞り切れないでいた心臓部であるボランチは、ここへきてやはり澤&阪口コンビが一歩抜け出たのは確か。

 ただ1ペアでは戦い切れない現実もある。ボランチが決まらなければ両サイドハーフのポジションも確定できず、最終ラインも含めて四方の間合いに微妙なズレが生じる。ローテーションという手段を選ぶなら、開幕までに澤&阪口コンビに続くペアを決め、少しでも周囲とのコンビネーションや間合いを練習で詰めておきたい。

 また、イタリア戦での宇津木の奮闘で現実味を帯びた左SB起用。これもひとつのパターン。こうなれば、得点能力もある鮫島彩(INAC神戸)をスーパーサブとして起用することもでき、その時々で選手の役割を変えて違ったうま味を引き出せる。

 一人二役をこなして、ピッチ上の流れに合わせてその役割を変えていくことができれば、それは間違いなく、なでしこの強みとなるはずだ。そうなるには実践あるのみ。なでしこの初戦スイス戦まで残り10日。すでに実戦で試すことは叶わないが、ピッチでできることに限りはない。

「まだ策はいろいろありますから」と自信ありげにニンマリとしたキャプテン宮間の表情を見る限り、開幕までに残された時間で一気に散りばめられているアイデアを完成型に持っていくのだろう。開幕戦が楽しみだ。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko