全世界で興収11億8,186万ドル(約1,418億円)億円を達成! 『アナと雪の女王』(14)を抜いて全世界歴代興収第6位にランクインするなど、メガヒット街道を爆走中の映画、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。その大ヒットを祈願して、東京・増上寺にてイベントを実施。本作の日本語吹替えを務めた米倉涼子さん他、日本語吹き替えを担当した豪華俳優陣が登壇しました。


この日はブラック・ウィドウ役の米倉さんのほか、ニック・フューリー役の竹中直人さん、ホークアイ役の宮迫博之さんの3人は祈祷を受けた後、“愛”がテーマの本作にちなみ、アベンジャーズの決して折れない“愛”の力を誓い、大ヒット祈願の願いを込めた3本の矢を射る弓射式に挑戦。


夏らしく透け感のあり、背中がぱっくり空いたセクシーな黒いドレスで登場した米倉さんは、ブラック・ウィドウ顔負けの堂々とした勇姿で弓矢を放ち、見事的に命中。3人とも鮮やかに大役を果たしていました。


 

すでに吹替え作業の過程で作品を観ている竹中さんが、「ヘロヘロになるアクションが見ものですね。3年12か月前から役作りをして臨みました」と竹中節全開で語ると、宮迫さんも「司会の方が真ん中に当ててほしいとプレッシャーをかけるので、正直イラッとしました」と笑いを取る一幕も。先日ワールド・プレミアに参加した米倉さんは、「5分に1回会場が沸いていました。盛り上がり方が尋常じゃない(笑)」とアベンジャーズ現象体験の感想を語りました。

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は日本の興行成績によっては、歴代1位の『アバター』、歴代2位の『タイタニック』に迫る勢いだという。

 

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 2015年7月4日(土)より、全国ロードショー!

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン