あまちゃんメモリアルブック NHKウイークリーステラ臨時増刊10月30日号
今週の「まれ」の演出家が「あまちゃん」ではどこを演出したか、このブックで確認できます

写真拡大

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)5月28日(木)放送 第52話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:西村武五郎

【今日の、勝手に名言】
「覚えとらんがなら せんかったんと おんなじ!」(希)
キスのカウントは記憶と共にあるんですね。

希(土屋太鳳)の幻 (?)のキスの相手・池畑大輔(柳楽優弥)が、能登までやってきて、希の家族のごたごたを目撃。
お母さんたちの離婚問題が弟の結婚問題に「なんで変わってるの?」と素朴な疑問をぶつけ、「何? その急展開。おもしろいね、ここ 本当に。」と喜びます。大輔を使って、急展開への疑問から目を逸らさせる作戦ですな。
大輔は「(他人の問題を)ひと事だと思わないところがすごいんだよ。ここの人とたちは」と褒め、それを受けて希は「ほういう境やないさけ。」と認めます。
大輔は、ほんのちょっと希たちのやりとりをのぞいただけで、能登のひとたちの自分と他者の境のなさのみならず、希と圭太(山崎賢人)、一子(清水富美加)の関係性や人間性まで理解してしまう洞察力をもっています。希は、圭太への未練はそうそうに断ち切り、出来過ぎるほど出来た男・大輔とつきあったほうがいいと誰もが思いますよね。
でも、希はまだまだ人間ができていません。圭太のことも夢のこともいろいろ吹っ切れないところに、みのりと一徹(葉山奨之)のなれそめを訊いた途端、彼らを「応援する」と言い出します。
またか・・・の展開。厳しい現実からの逃避に「応援」を使うのは共感できないなあ。悪いけれど、一徹とみのりは結婚してもいいし、しなくてもいいし、どっちでもいい気がします。「まれ」というドラマが、ささやかな幸せを求めるひとたちのリアルを描きたいならそれはそれで尊いけれど、どうせまたこの結婚問題もこの週のうちに解決しちゃうだろうし、毎週、変わったエピソードを何かしら出して消化していくだけの印象なんで・・・。ああ、朝ドラの長丁場を保たせることは過酷なことなのだなあとご苦労忍ばれます。とはいえ、残りの52、53話で「参りました!」と言わせてほしいとまだ夢は捨てていません。(木俣冬)

エキレビ!にて月〜土まで好評連載中! 木俣冬の日刊「まれ」ビュー全話分はこちらから

タイトルバックに驚いた。NHK朝ドラ「まれ」1話をレビュー

お金がなくても生きていける「まれ」連続レビュー2話

朝ドラファンなら大泉洋と能年玲奈との共演作をチェックすべし「まれ」3話

ダメ男たちのドラマなのか「まれ」4話

いつも笑ってる家族が欲しかったら 自分でみんなを笑わせてみよう「まれ」5話

いよいよ土屋太鳳(本名)登場「まれ」6話

公務員の魅力をキラキラ語る土屋太鳳「まれ」7話

田中裕子の魔性について考えてみた「まれ」8話

「あまちゃん」との違いは時間の描き方なのかも「まれ」9話

本当の駄目人間とは「まれ」10話

こわくても夢をかなえたい「まれ」11話

地に足のついた「夢」を「まれ」12話

祭りん時の女の言葉をちゃ鵜呑みにしたら駄目やわ「まれ」13話

大泉洋の詩的な身体「まれ」14話

貧しいならではのお菓子作りを決意。名言炸裂「まれ」15話

いきなり見込みがあるかどうか聞いてくるようなやつには見込みなんかない「まれ」16話

常盤貴子演じる希のお母さんの驚愕の過去「まれ」17話

「聖者の行進」とは何の暗示か「まれ」18話

なあんもせんかったら怒られもせんけど仕事も覚えんわいや 「まれ」19話

大泉洋、門脇麦、田中泯、板尾創路…俳優たちの名言合戦「まれ」20話

やっぱり本当の家族が強いのか「まれ」21話

希家族、引っ越す「まれ」22話

ビジネスチャンスは規則の外にあるんだよ「まれ」23話

文さんクイズとは何だったのか「まれ」24話

タイトルに秘められた謎「まれ」25話

不吉な予感の「まれ」26話

国が悪いんげんよ「まれ」27話

「俺は漆にかぶれるんだ」板尾創路真骨頂「まれ」28話

金八の腐ったみかん、加藤登場に騒然「まれ」29話

漆もミルフィーユもレイヤー化する社会の象徴なのか「まれ」30話

フランスからおばあちゃん登場「まれ」31話

口ではなく手で「まれ」32話

卵は入れる前に常温に戻しておく「まれ」33話

夢と家族の大事さは比べられない、次元が違う「まれ」34話

妻が夫を駄目にする「まれ」35話

戸田恵子の完璧な「あ」「り」「が」「と」「う」「まれ」36話

テレサ・テンの歌が染みた「まれ」37話

希、家族との別れ「まれ」38話

石原さとみに負けてない。土屋太鳳の唇から目が離せない「まれ」39話

愛だけでは困ります「まれ」40話

お菓子バカに弟子入り「まれ」41話

希、ファーストキスを奪われる「まれ」42話

キス→結婚→子供…恐ろしきは田舎の情報伝達「まれ」43話

脚本のさりげない巧さを解析「まれ」44話

駄目な人間ほど働かん言い訳や上手ねん「まれ」45話

このまま「地道にコツコツ」でいいのかな「まれ」46話

希が女になってしまったらどうしよう「まれ」47話

うーん。謎過ぎる演出も危機的か「まれ」48話

朝ドラヒロインへの批評のような「まれ」49話

このドラマ、イライラさせる戦犯は誰「まれ」50話

謎演出担当が「あまちゃん」感動回と同じひとである衝撃。お願い、あの感覚に立ち戻って「まれ」51話