W杯に向け連勝のなでしこ佐々木監督「いい緊張感で2試合できた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2015が28日に行われ、なでしこジャパンとイタリア女子代表が対戦。なでしこジャパンは、52分に大儀見優季がゴールを挙げ、1−0と勝利した。

 試合後、佐々木則夫監督は「非常に均衡し、いい緊張感で2試合ともできた」と、24日に行われたニュージーランド女子代表戦に続く勝利についてコメント。「課題もあるが、積み上げていってワールドカップに繋げる意味では、1−0という緊張感のある展開で勝ち切れたことはよかった」と、収穫を語った。

 国内での強化試合を2連勝で終えて、「(手応えは)まだまだですけど、この2試合で後押しと応援をしてもらい、それを糧にカナダに行って頑張ってきます」と語る指揮官。6月に開幕し、連覇のかかる女子ワールドカップに向け、「みんなで一丸となって期待に添えるように頑張ってきます」と力を込めた。

 なでしこジャパンは、ワールドカップ・グループステージで、スイス(6月8日)、カメルーン(12日)、エクアドル(17日)と対戦する。