Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠中お肌トラブル。医師が教える【簡単肌荒れ対策】とは!

写真拡大

妊娠中の女性は、肌もつやがあってキラキラしているようなイメージがありますが、その実、妊娠してから、お肌が荒れたりニキビが増えたと悩む妊婦さんはとても多いのです。

原因は、急激なホルモンバランスの変化

妊娠中は2種類の女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌がとても盛んになっています。このうち、プロゲステロンには皮脂分泌を促す働きがあり、皮脂を多量に分泌してしまうため毛穴に詰まってニキビをつくってしまうことになります。これは、いわゆる生理前に肌が脂っぽくベタベタするのと同じ状態ですが、妊娠期間がはるかに長いため、深刻な状態になりがちです。

栄養の偏りも原因かも……

また、ホルモンバランスの急激な変化により、肌の水分量も普段に比べて大幅に変化しますから、特に妊娠初期には乾燥肌になったり、オイリーになったり落ち着かない肌の状態を経験される方もいます。加えて、妊娠中の女性の身体は、赤ちゃんを最優先にするようにプログラムされていますから、ちょっとした栄養の偏りや脱水がお母さんのお肌に直接あらわれてしまう、ということも言えます。

お肌のトラブルには、まずは洗顔で対処!

妊娠中でもできるだけお肌のトラブルなく過ごすためには、まずきちんと洗顔をすること。お肌に優しい洗顔料を使い、増えた皮脂を良く流してあげましょう。
また、洗い流した後は柔らかいタオルで水けをきちんと拭い、化粧水、乳液やクリームなどでしっかり保湿も行いましょう。古い角質が入れ替わって新しい角質になるお肌のターンオーバーが順調に行われるためにもお肌に潤いをきちんと保ってあげることは大切です。

意識的な水分補給も、肌荒れ対策に

意識的に水分をとりましょう。気が付かずに水分不足になってしまうと、お肌にもよくありませんし、脱水が進むと赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがあります。

規則正しい食事は、やはり重要

また、思春期のニキビと同じく、食事の偏りはニキビを悪化させます。特にビタミン類を多く含む、緑黄色野菜や果物は意識して摂りましょう。また、妊娠中はホルモンの関係から便秘になりやすいので、食物繊維と水分を心がけて多めにとることで、便秘による肌荒れも防げます。

どうしても改善が見られなければ、産科の主治医に相談してみるのも一つの方法ですよ。