仕事上のトラブルや人間関係で悩むほど、胃がキリキリと痛くなるなんてことはありませんか? 胃の調子はストレスと大いに関係があるのです。特に真面目で几帳面な人ほど要注意。ここではストレスによる胃痛の種類や対処法についてご紹介します。

胃は常にストレスにさらされている

胃の調子がおかしいと思って診察を受けても「異常なし」と言われてしまうことも多いものです。そんな場合は、ストレスで胃が消化不良を起こしていると考えてもいいでしょう。胃は自律神経の影響を大きく受けています。自律神経は交感神経と副交感神経がバランスを取ることで体を正常に機能させますが、どちらかの働きに強く傾いてしまうと、胃もたれや膨満感、または胃のむかつき、胸やけといった症状が現れるのです。

交感神経が優位になりすぎると胃もたれの症状が

ストレスで自律神経が刺激されると、交感神経が活発に働きます。交感神経は常に戦闘モード。血行が促進され血圧が上昇すると同時に、皮膚や内臓器官につながる血管が収縮してしまいます。結果として、胃の消化活動が鈍くなり、血液が行き渡らないことで、胃の粘膜も弱くなってしまいます。そのため、胃もたれを感じ胃が荒れてしまうという結果につながってしまうのです。

胸やけの症状は副交感神経が刺激された結果

逆に副交感神経が刺激されると、胃酸が必要以上に分泌されてしまいます。胃酸の力は強力で、胃壁や胃の中の細かい血管が荒らされ傷つけられてしまいます。それによって、胸やけや胃痛に悩まされることに。症状が進むと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった深刻な病気につながりかねません。

どちらの症状かで対処法が違うので注意して

几帳面で真面目な性格の人ほどストレスを溜めやすいものです。胃に異常を感じたら、症状が進まないうちに早めに対処しましょう。もちろんストレスを発散させることは必要ですが、胃薬に頼る時は、症状が「胃もたれ」なのか「胸やけ」なのかを確認して飲みましょう。それぞれの薬は効果・効能がまったく違います。間違えて飲んでしまうと、症状がかえって悪化することも。心配なら、医師に相談して薬を処方してもらいましょう。お酒やコーヒー、タバコなど胃に負担をかけるものも控えめにするといいですね。


writer:岩田かほり